応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

Webサーバ

■1.インストール

 yum -y install httpd

ただ、Linuxをインストールすると、デオフォルトでWebサーバが起動していることが多いだろう。入れ方にもよるが。
念のため、再起動してみる。(CentOS6)
$service httpd restart

となりのPCから見てみよう。
http://WebサーバのIPアドレス

もしかすると、見えないかもしれない。
原因は、SELinuxが有効になっているのと、サーバのFirewallなどの設定などが入っているからだろう。($system-config-firewallで設定を解除すればいいだろう)

Firewallを開けるには、以下。
・httpを許可する
firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent      
 ※--permanent によって、永続的にHTTPを開ける
・再起動
firewall-cmd --reload  
・確認
iptables -L -n | grep 80

■コンテンツ
コンテンツは/var/www/htmlに入れる

httpsにする場合
設定ファイルは以下
/etc/httpd/conf.d/ssl.conf  

■Webサーバのログ
/var/log/httpd/access_logに保存されている。
ログとしてはこんな感じ。
192.168.1.3 - - [08/Sep/2018:23:36:16 +0900] "GET /  HTTP/1.1" 403 4961 "-" "Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3;・・・

先頭がアクセス元のIPアドレス

 

■その他

・バージョンの確認
httpd -version
または、
rpm -qa | grep httpd でもいいだろう。