応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

配列の問題

■H25春
問7 配列Aに対して次の手続を実行して,2≦k≦100である素数kだけを全て出力したい。a,b,cに入るループの初期値,終値,増分として,適切な組合せはどれか。

for k = 2 to 100 step 1:
  A[k] = 1;
for m = 2 to 10 step 1:
    for k =[   a   ] to [   b   ] step [   c   ]:
   A[k] = 0;
for k = 2 to 100 step 1:
  if A[k]≠0:
   print k;

H25h-問7
【正解】イ
実際のプログラムの例は以下
#include<stdio.h>   // stdio.h(標準入出力を行うための関数が定義されたファイル)を読み込む
// main関数。引数は取らない。処理後に値を返さない
void main() {
    int A[101];    // 配列変数Aを定義。保存可能個数は101個でA[0]-A[100]を使用可能。
    int k, m;  // 整数型の変数kとmを定義
    // kを2から100まで、1ずつ増やす(k++)
    for (k = 2; k <= 100; k++) {
        A[k] = 1;  // A[2]-A[100]をすべて1にしている
    }
    // 2の倍数-10の倍数をリストから消していく
    for (m = 2; m <= 10; m++) { // mを2から10まで1ずつ増やす
        for (k = 2*m; k <= 100; k += m) {
            // kを2mから100までmずつ増やす
            // つまりkは2m, 3m, 4m,・・・と変化
            A[k] = 0;  // kはmの倍数=素数ではないから0にする
        }
    }
    for (k = 2; k <= 100; k++) { // kを2から100まで1ずつ増やす
        if (A[k] != 0) {  // A[k]が0でない、つまりkが素数なら
            printf("%d,", k);  // kを表示
        }
    }
}
【処理の解説】
・エラトステネスのふるい法を使って素数を求めています。
・変数Aは、0か1の値になるが、A[k]=0なら非素数、A[k]=1なら素数(処理の途中では「素数の可能性」)
・まず2から100をすべて素数かもしれないリストに入れる
   (k=2-100についてA[k] = 1)
素数とは「約数として自分と1だけもつ」ことから、「何かの倍数であれば素数ではない」という考えで、倍数をすべて消していく。具体的にはA[k] = 0