応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

aとbの最大公約数を求める

与えられたa,bは正の整数です。a,bの最大公約数を求めます。
フローチャートは、情報処理技術者試験(H29春AP問6)にあります。

終了時にxに格納されているものが、最大公約数です。
※mod(x,y)はxをyで割った余りです。
H29h-問6
たとえば、以下の数字で考えます。
x=20、y=25

■ループ1:t=20、x=25、y=20
■ループ2:t=5、x=20、y=5
■ループ3:t=0、x=5、y=0 ←ループ終了

終了時にはxに、a(20)とb(25)の最大公約数である5が入ります。

プログラム
実際にCでプログラムを書いてみると、以下のようになります。
#include <stdio.h>

//mod関数("x"を"y"で割った余りを計算する)
int mod(int x, int y)
{
 //"%"は余りを計算する演算子
 return x%y;  //"x"を"y"で割った余りを返す
}

//main関数
void main(){
 int x, y;
 int t;   // 余りを入れる

 //標準入力からxとyの値を取得
 printf("整数aを入力してください:");
 scanf("%d", &x);
 printf("整数bを入力してください:");
 scanf("%d", &y);

 //while文で"y"が0以外の場合はループ1を実施
 while(y!=0){
  t = mod(x, y);  //定義したmod関数の戻り値を"t"に代入
  x = y;  //"y"の値を"x"に代入
  y = t;  //"t"の値を"y"に代入
 }

 printf("x=%dです\n", x);
}

プログラム(xとyの入力チェックを含めた少し詳細なもの)
#include <stdio.h>

int mod(int x, int y)
{
 return x%y;
}

void main(){
 int x, y;
 int t;

 printf("input x:");
 if(scanf("%d", &x)!=1){  //数値の取得に失敗した場合
  printf("入力エラー\n");
  return;  //プログラムの途中終了
 }

 if(x<=0){  //xが正の整数で無い場合
  printf("数値が不正です\n");   //プログラムの途中終了
  return;
 }

 printf("input y:");

 if(scanf("%d", &y)!=1){
  printf("入力エラー\n");
  return;
 }

 if(y<=0){
  printf("数値が不正です\n");
  return;
 }

 while(y!=0){
  t = mod(x, y);
  x = y;
  y = t;
 }

 printf("x=%dです\n", x);

}