応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

ミドルウェア

 

1.ミドルウェアとは

ミドル(middle)とは「中間」という意味で、WindowsLinuxなどのOSと、アプリケーションソフト(メールソフトやApacheなどのWebサーバのソフトウェア)などの中間に位置するものです。
代表例が、OSとWebアプリケーションを繋ぎ、JavaサーブレットJSPを処理するTomcatがあります。

2.ミドルウェアに関する過去問

(1)H29秋AP問19

問19 Hadoopの説明はどれか。
ア Java EE 仕様に準拠したアプリケーションサーバ
イ LinuxWindowsなどの様々なプラットフォーム上で動作するWebサーバ
ウ 機能の豊富さが特徴のRDBMS
エ 大規模なデータを分散処理するためのソフトウェアライブラリ




【正解】エ

(2)H29春AP問17

問17 サーバアプリケーションの開発のための,オブジェクト指向技術に基づいたコンポーネントソフトウェアの仕様はどれか。
ア EAI (Enterprise Application Integration)
イ EJB (Enterprise JavaBeans)
ウ ERP (Enterprise Resource Planning)
エ UML (Unified Modeling Language)




【正解】イ

(3)H29春AP問18

問18 ホワイトボックステストにおいて,プログラムの実行された部分の割合を測定するのに使うものはどれか。
ア アサーションチェッカ
イ シミュレータ
ウ 静的コード解析ツール
エ テストカバレージ分析ツール




【正解】エ

(4)H27秋AP問17

問7 JavaBeansを利用してソフトウェア開発を行うメリットとして,適切なものはどれか。
ア HTML文書が動的に生成できる。
イ コンポーネントが容易に再利用できる。
ウ 分散トランザクション処理ができる。
エ メッセージングによって非同期に通信できる。




【正解】イ