応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

ファブレス企業

ファブレスのファブとは、工場(fabrication facility)を意味します。つまり、工場を持たない(レス)企業です。過去問(H21秋IP問8)では、「自社では工場をもたずに製品の企画を行い,ほかの企業に生産委託する企業形態のこと」とあります。

ファブレス企業の利点として、「生産設備である工場をもたないので,資金が固定化せず,需給変動や製品ライフサイクルに伴うリスクが低減できる(H25秋ST問20)」ことがあります。

これとは逆がファウンドリです(おそらく試験には出ません)。過去問(H25秋ST問20)では、「生産設備をもたない複数の企業の製造を請け負うことによって,効率の良い設備運営や高度な研究開発を行える」とあります。

■H21秋IP
問8 ファブレスを説明したものはどれか。
ア 相手先の商標やブランドで製品を製造し,供給すること
イ 自社では工場をもたずに製品の企画を行い,ほかの企業に生産委託する企業形態のこと
ウ 製品の企画から製造,販売までの機能を垂直統合した製造小売業のこと
エ 製品の設計,試作,製造を一括して生産受託するサービスのこと

【正解】イ
アはOEM、ウはSPAです。

■H25秋ST
問20 ファブレスの特徴を説明したものはどれか。
ア 1人又は数人が全工程を担当する方式であり,作業内容を変えるだけで生産品目
 を変更でき,多品種少量生産への対応が容易である。
イ 後工程から,部品納入の時期,数量を示した作業指示書を前工程に渡して部品供給を受ける仕組みであり,在庫を圧縮することができる。
ウ 生産設備である工場をもたないので,資金が固定化せず,需給変動や製品ライフサイクルに伴うリスクが低減できる。
工 生産設備をもたない複数の企業の製造を請け負うことによって,効率の良い設備運営や高度な研究開発を行える。
 
正解は ウ
イはJIT

■H29秋AP
問66 半導体ファブレス企業の説明として,適切なものはどれか。
ア 委託者の依頼を受けて,自社工場で半導体製造だけを行う。
イ 自社で設計し,自社工場で生産した製品を相手先ブランドで納入する。
ウ 自社内で回路設計から製造まで全ての設備をもち,自社ブランド製品を販売する。
エ 製品の企画,設計及び開発は行うが,半導体製造の工場は所有しない。

【正解】エ