応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

EDI

EDIとは、ネットワークを介して,発注や請求などの商取引のためのデータをコンピュータ(端末を含む)間で交換することです。しかし、異なる企業間で、データフォーマットや手順が異なっていては、適切な商取引が行えません。
そこで、EDIでは、次の4つのレベルで標準的な規約を定めています。                                       

レベル

規約

内容

レベル4

取引基本規約

EDIの取引の有効性を確立するための企業間の契約

レベル3

業務運用規約

システムの運用時間,障害対策などのシステムの運用に関する取り決め

レベル2

情報表現規約

データフォーマットなど、メッセージの形式の取決め

レベル1

情報伝達規約

通信回線を介した接続方法や伝送制御の手順の取決め


問72 EDIを説明したものはどれか。
ア OSI基本参照モデルに基づく電子メールサービスの国際規格であり,メッセージの生成,転送,処理に関する総合的なサービスである。
イ ネットワーク内で伝送されるデータを蓄積したり,データのフォーマットを変換したりするサービスなど,付加価値を加えた通信サービスである。
ウ ネットワークを介して,商取引のためのデータをコンピュータ(端末を含む)間で標準的な規約に基づいて交換することである。
エ 発注情報をデータエントリ端末から入力することによって,本部又は仕入先に送信し,発注を行うシステムである。

■H20秋AD午前
問76 EDIを活用した電子商取引を実施する場合に必要となる取決めには,取引基本規約,業務運用規約,情報表現規約及び情報伝達規約の四つがある。これらに関する記述のうち,適切なものはどれか。
ア:業務運用規約とは, TCP/IP, JCA手順などの通信方法を定めたものである。
イ:情報伝達規約とは,通信回線を介した接続方法を定めたものである。
ウ:情報表現規約とは,システムの運用時間,障害対策などを定めたものである。
エ:取引基本規約とは,データフォーマットを定めたものである。

正解はイ
アも情報伝達規約、ウは業務運用規約、エは情報表現規約