応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

成長マトリクス

アンゾフが提唱する成長マトリクスとは、製品と市場の視点から,事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・市場開拓・多角化に分けて,戦略を検討することです。製品、市場のそれぞれにおいて、既存か新規で分類すると、4つの戦略は次の図のように配置されます。
1

 戦略の例は以下です。
①市場浸透
 現在の市場で現有製品の広告,宣伝を強化し,顧客の購入頻度や購入量を増やす。
②製品開発
 新たな機能を付加した製品や新規に開発した製品を,現在の市場に投入する。
③市場開拓
 現有製品で海外市場に進出し,新たな市場セグメントの開拓を図る。
多角化
 技術開発,業務提携, M&Aなどで,新たな製品や市場での成長の機会を求める。


問68 アンゾフが提唱する成長マトリクスを説明したものはどれか。
ア 自社の強みと弱み,市場における機会と脅威を,分類ごとに列挙して,事業戦略における企業の環境分析を行う。
イ 製品と市場の視点から,事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・市場開拓・多角化に分けて,戦略を検討する。
ウ 製品の市場占有率と市場成長率から,企業がそれぞれの事業に対する経営資源の最適配分を意思決定する。
エ 製品の導入期・成長期・成熟期・衰退期の各段階に応じて,製品の改良,新品種の追加,製品廃棄などを計画する。
【正解】イ

H24秋AP
問68 アンゾフの成長マトリクスにおける多角化戦略に当てはまるものはどれか。
アイウエ
新たな機能を付加した製品や新規に開発した製品を,現在の市場に投入する。
技術開発,業務提携, M&Aなどで,新たな製品や市場での成長の機会を求める。
現在の市場で現有製品の広告,宣伝を強化し,顧客の購入頻度や購入量を増やす。
現有製品で海外市場に進出し,新たな市場セグメントの開拓を図る。