応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

知的財産権の過去問

■H28秋
問78 日本において,産業財産権と総称される四つの権利はどれか。
ア 意匠権実用新案権,商標権,特許権
イ 意匠権実用新案権著作権特許権
ウ 意匠権,商標権,著作権特許権
エ 実用新案権,商標権,著作権特許権
【正解】ア

■H27秋
問78 Webページの著作権に関する記述のうち,適切なものはどれか。
ア 営利目的ではなく趣味として,個人が開設しているWebページに他人の著作物を無断掲載しても,私的使用であるから著作権の侵害とはならない。
イ 作成したプログラムをインターネット上でフリーウェアとして公開した場合,配布されたプログラムは,著作権法による保護の対象とはならない。
ウ 試用期間中のシェアウェアを使用して作成したデータを,試用期間終了後もWebページに掲載することは,著作権の侵害に当たる。
エ 特定の分野ごとにWebページのURLを収集し,独自の解釈を付けたりンク集は,著作権法で保護される。
【正解】エ

■H27春
問79 A社は顧客管理システムの開発を,情報システム子会社であるB社に委託し,B社は要件定義を行った上で,設計・プログラミング・テストまでを,協力会社であるC社に委託した。C社ではD社員にその作業を担当させた。このとき,開発したプログラムの著作権はどこに帰属するか。ここで,関係者の間には,著作権の帰属に閧する特段の取決めはないものとする。

ア A社     イ B社     ウ C社     エ D社員

【正解】ウ