応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

会計・財務の過去問

■H29秋
問77 今年度の事業損益実績は表のとおりである。来年度の営業利益目標を240百万円としたとき,来年度の目標売上高は何百万円か。ここで,来年度の変動費率は今年度と同じであり,製造固定費と販売固定費は今年度に比べそれぞれ80百万円,  20百万円の増加を見込む。
11-3_H29a_問77
ア 1,750     イ 1,780     ウ 1,800     エ 2,050
【正解】エ

■H28秋
問76 今年度のA社の販売実績と費用(固定費,変動費)を表に示す。来年度,固定費が5%増加し,販売単価が5%低下すると予測されるとき,今年度と同じ営業利益を確保するためには,最低何台を販売する必要があるか。
11-3_H28a_問76
ア 2,575     イ 2,750     ウ 2,778     エ 2,862
【正解】エ

問77 表の条件でA~Eの商品を販売したときの機会損失は何千円か。
11-3_H28a_問77
ア 800     イ 1,500     ウ 1,600     エ 2,400
【正解】エ

■H27秋
問76 表から,卸売業A社と小売業B社の財務指標を比較したとき,卸売業A社について適切な記述はどれか。
11-3_H27a_問76
ア 売上高,総資産の額がともに低く,総資産回転率も低い。
イ 売上高営業利益率が高く,総資産営業利益率も高い。
ウ 営業利益,総資産の額がともに低く,総資産営業利益率も低い。
エ 総資産回転率が高く,総資産営業利益率も高い。
【正解】エ

問77 表のような製品A,  Bを製造,販売する場合,考えられる営業利益は最大で何円になるか。ここで,機械の年間使用可能時間は延べ15,000時間とし,年間の固定費は製品A,  Bに関係なく15,000,000円とする。
11-3_H27a_問77
ア 3,750,000   イ 7,500,000   ウ 16,250,000   エ 18,750,000
【正解】イ

■H27春
問77 今年度のA社の販売実績と費用(固定費,変動費)を表に示す。来年度,固定費が
  5%上昇し,販売単価が5%低下すると予測されるとき,今年度と同じ営業利益を確保
  するためには,最低何台を販売する必要があるか。
11-3_H27h_問77
ア 2,575     イ 2,750     ウ 2,778     エ 2,862
【正解】エ

問78 取得原価30万円のPCを2年間使用した後,廃棄処分し,廃棄費用2万円を現金で支払った。このときの固定資産の除却損は廃棄費用も含めて何万円か。ここで,耐用年数は4年,減価償却は定額法,定額法の償却率は0.250,残存価額は0円とする。
ア 9.5     イ 13.0     ウ 15.0     エ 17.0
【正解】エ
 減価償却費は、定額法なので、毎年一定です。償却率は0.250なので、30万円×0.250=7.5万円が毎年の減価償却費です。2年間使用したので、2年後の残存価値は 30万円-7.5万円-7.5万円=15万円です。まだ15万円の価値があるのに廃棄しているので、15万円の損失です。さらに、廃棄費用が2万円追加で発生しているので、合計17万円が、除却することによる損失です。 

■H26秋
問77 最大利益が見込める新製品の設定価格はどれか。ここで,いずれの場合にも,次の
  費用が発生するものとする。
    固定費:1,000,000円
    変動費:600円/個
11-3_H26a_問77
ア 1,000     イ 1,200     ウ 1,400     エ 1,600
【正解】エ