応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

タスク管理

タスク管理に関して、過去問(H20秋FE午前問28)では、「マルチプログラミングの制御を行い,CPUを有効に利用する」とあります。
応用情報技術者試験を勉強する成子

なぜそんな制御が必要なのですか?
CPUは頭脳に例えられるという話をしたと思います。
人間と同じで、コンピュータであっても、複数のことを同時には考えることができません。
応用情報技術者試験を勉強する成子

そうなんですか?
パソコンでは、インターネットで動画を見ながら、メールを書いたりしていますし、その間にプリンタで印刷をかけたりもできますけど。
はい、パソコンでは複数のことを同時に実施しています。
ただ実際には、CPUが短い時間で瞬時に複数の仕事を切り替えています。それがあまりに高速なので、我々には同時に実行しているように見えるのです。
このように、CPUにはいくつものジョブがやってきて、それを効率的に管理する仕事がOSが実行すべきタスク管理です。

タスク管理に関して、応用情報技術者試験シラバスでは、以下の記載があります。
(4)タスク管理
① タスクと状態遷移
タスクとジョブステップ,スレッドとの関係,タスクの生成から実行,消滅までの状態遷移,ディスパッチャの役割を理解する。

用語例 軽量プロセス,実行可能状態,実行状態,待ち状態,プロセス,スレッド

② 多重(マルチ)プログラミング(マルチタスク)とスケジューリング
多重(マルチ)プログラミングの考え方,タスクのスケジューリングの代表的な方式について,スケジューリングの方法,特徴,スケジューリングにおけるトリガと優先順位の役割,同期制御・排他制御の必要性,実現方法を理解する。また,タスクとタスクの同期,タスク間でのデータの受け渡し,マルチスレッドの考え方,並列処理などを理解する。

用語例 プリエンプティブ方式,ノンプリエンプティブ方式,タイムスライス方式,イベントドリブン方式,フィードバック待ち行列方式,処理時間順方式,優先順,静的優先順位方式,動的優先順位方式,ラウンドロビン,SJF(Short Job First),最短時間順,割込み禁止,マルチCPU,排他制御,FCFS(First Come First Served),タイムクウォンタム,リソーススタベーション,SVC(SuperVisorCall)割込み,入出力終了割込み,ディスパッチ

では、過去問(H20秋FE午前)を見てみましょう。
問28 タスク管理の役割として,適切なものはどれか
ア 各種の補助記憶装置へのアクセス手段を,装置に依存しない形態で提供し,応用プログラム作成の負担を軽減する。
イ 仮想記憶空間を提供し,実記憶を有効に利用する。
ウ 入出力装置の制御を行い,正確かつ効率よく入出力装置を動作させる。
エ マルチプログラミングの制御を行い,  CPUを有効に利用する。
正解は、エです。ウは入出力管理、イは記憶管理、アはデータ管理です。

過去問(H21秋AP午前問19)
問19 リアルタイムOSマルチタスク管理機能において,タスクAが実行状態から実行可能状態へ遷移するのはどの場合か。
ア タスクAが入出力要求のシステムコールを発行した。
イ タスクAが優先度の低いタスクBに対して,メッセージ送信を行った。
ウ タスクAより優先度の高いタスクBが実行状態となった。
エ タスクAより優先度の高いタスクBが待ち状態となった。
正解は、