応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

ハミング符号

過去問(H25春AP午前問4)ではハミング符号に関して、「ハミング符号とは,データに冗長ビットを付加して,1ビットの誤りを訂正できるようにしたものである」とあります。ポイントは、どのビットが間違っているかまで検出できるので、データ誤りを訂正できることです。

(1)過去問(H25春AP午前問4)

問4 ハミング符号とは,データに冗長ビットを付加して,1ビットの誤りを訂正できる
haming
ハミング符号1110011には1ビットの誤りが存在する。誤りビットを訂正したハミング符号はどれか。

ア 0110011  イ 1010011  ウ 1100011  エ 1110111

今回は1ビット誤りなので、X1~X4のどれかに誤りがあります。
問題文と照らし合わせ、X1X2X3P3X4P2P1=1110011 として、3つの式に入れてみましょう。

1※1※0※1=1
1※1※0※1=1
1※1※1※0=1  ※は排他的論理和(表記の関係で)

ということで、本来は0になるべき値が、全て1に変わっています。
全ての式にX1が入っているので、X1が誤りということが分かります。
よって、X1を0に置き換えた0110011(選択肢ア)が正解です。
ネットワークスペシャリストを目指す女性SEあれ?

それ以外のビットは変更無しですか?




はい。1ビットの誤りですし、実際、X1を0にすることで、付加ビットの3つの式も全て満たします。


(2)H19秋SW午前問7

問7 コンピュータの主記憶の誤り制御などに採用されている方式のうち、1 ビット誤りを訂正し,2ビットの誤りを検出することができる方式はどれか。
ア 奇数パリティ方式 
イ 水平パリティ方式 
ウ チェックディジット方式
エ ハミング符号方式

奇数パリティ方式や水平パリティ方式では、誤り訂正はできません。1ビットの誤り検知までです。↓


正解は、エのハミング符号です。


(3)H17NW午前問32

haming2