応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

論理演算とベン図

小学校ではこんな問題があったと思います。
30人の生徒がいます。野球を好きな人が15人、サッカーが好きな人が10人、両方好きな人が4人いました。では、両方嫌いな人は何人でしょう。  
これをベン図で表すと、以下のようになります。
1
応用情報技術者試験を勉強する成子 

なぜベン図というのですか?
イギリスのベン(Venn)さんが考案したからです。レントゲンを発明したのがレントゲンさんであるのと同様です。
さて、論理和(OR)、論理積(AND)、排他的論理和(XOR)を覚えましょう。

これ以外には、否定も覚えておきましょう。ベン図では、補集合と言います。

論理和(OR)、
上でいう、野球とサッカーのどちらかが好きな人です。
合計20人です
情報処理技術者試験では、A∪B、A∨B、A+B、などの表現が使われます。「AまたはB」と読みましょう。
ベン図と真理値表は、以下です。
ベン図 真理値表
OR2 OR

論理積
上でいう、野球とサッカーの両方が好きな人です。
4人います。
です。
ベン図真理値表
AND2AND  

情報処理技術者試験では、A∩B、A∧B、A・B、などの表現が使われます。「AかつB」と読みましょう。
応用情報技術者試験を勉強する成子 

子供の頃に、AかつBだから、「つ」と「∩」を関連して覚えるといいと言われました。
試験では、問題文に表記の解説がなされますが、覚えておくのはいいと思います。

否定
です。
ベン図真理値表
後日記載NOT  


排他的論理和
は、上でいう、どちらか一方だけが好きな人です。
16人います。
です。
ベン図真理値表
haita2ahaita  

では、ベン図に関して、過去問(H25年秋FE午前問1)を見てみましょう。
ベン図

正解はウです。
面倒ですが、一つ一つ丁寧に書いていくのが近道です。