応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

システムの構成

1.処理形態
集中処理,分散処理,並列処理などがあります。

(1)集中処理と分散処理
 システムを1カ所集中で管理するのか、分散して管理するかの違いです。それぞれのメリットデメリットを簡単に押さえておきましょう。
たとえば、ファイルサーバを、本社やデータセンターの1カ所に集中させるか、各拠点ごとに分散させるかを考えてみます。
ア)集中処理のメリット
・一元管理がしやすい。(利用者の管理、バックアップなどの運用、保守作業など)
・高品質のシステムが作れる(場合がある)。バラバラに開発するのではなく、予算や人員を結集して作るため。

イ)分散処理のメリット
・コストが抑えられる。集中処理だと、開発費も高くなるし、高性能のものを準備せざるを得ない。
・単一障害点にならない

(2)分散処理と並列処理
並列処理は、たとえば複数のCPUで処理するマルチプロセッサがあります。
分散処理と並列処理は別物ですが、分散したシステムで並列に処理することも可能です。複数のコンピュータを並べて並列に処理するグリッドコンピューティングが、その代表例でしょう。

2.システム構成
代表的なシステム構成を理解しておきましょう。
(1)デュアルシステムとデュプレックスシステム
http://sm.seeeko.com/archives/53642998.html

(2)クライアントサーバシステム
3層クライアントサーバシステムを理解しましょう。
http://sm.seeeko.com/archives/65910252.html

(3)シンクライアント
http://sc.seeeko.com/archives/3844511.html

(4)RAID
RAIDに関しては、以下を参照ください。
http://nw.seeeko.com/archives/50536846.html