応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

1.ネットワーク (1)ネットワーク方式

1.ネットワークの構成
LAN(Local Area Network)とWAN(Wide Area Network)があることを理解しましょう。
LANはlocal(地方の)という意味で、企業内のネットワークです。改めて説明するまでもないことでしょう。
一方のWANは、Wide(幅広い)という意味で、企業内にとどまらず、企業間を結ぶネットワークやインターネットとの接続などがあります。
両者を分けて説明するのには理由があります。利用する技術が異なるからです。

具体的な技術の例を以下に説明します。両方に重複するものもありますが、異なる要素が多いということを理解してもらえればいいです。
①LAN
 L2スイッチ、L3スイッチ、LANケーブル、VLAN、無線LANなど
②WAN
 ルータ、回線終端装置(ONU)、光ケーブル、ISP、インターネットなど
LANとWAN
 
2.ネットワークの構成要素
①ネットワークインタフェースカード(NIC:Network Interface Card) 
 PCにあるLANポートと考えてください。かつては、サーバやPCに、(カード型と言えるかは別にして、)NICを挿入しました。
②ケーブル
 LANケーブル、光ケーブル、電話線などがあります。
③ハブおよびスイッチ
 ハブとスイッチは厳密には別ものですが、スイッチングハブとして、同じものと考えていいでしょう。主な機能は、ケーブルを接続することです。複数のPCやサーバを一つのネットワークに接続するために、スイッチングハブが必要です。
 また、VLANでネットワークを論理的に分割したり、MACアドレスによるフィルタリングであったり、ループを回避する機能などもあります。
④ルータ
 ルータの軸となる機能はRouting(経路制御)です。目的地にたどり着くためには、どのルータに行けばいいのかを教えてくれます。
無線LAN
 従来のLANケーブルによる有線LANではなく、電波を使った無線LANです。
⑥モデム
 最近は、あまり使わなくなりました。ADSLを利用しているご家庭では、ADSLモデムなるものがあるかもしれません。しかしその場合でも、ルータと一体型になったものが多いでしょう。
⑦モジュラージャック
 電話線を接続するコネクタです。電話がつながっている壁ついていますので、時間があるときにご確認ください。
⑧通信回線
 電話線もあれば、光回線もありますし、3GやLTEなどの携帯回線も該当します。
ネットワーク方式_情報セキュリティマネジメント試験