応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

スマートフォン

NHKITホワイトボックスが参考になりました。

スマートとは「かしこい」という意味があり、スマートフォンとは「かしこい電話」という意味だそうです。実際には、携帯電話+PDAと考えるのが基本の定義でしょうが、言い換えると実際には汎用OSが入ったものと考えてよいでしょう。

製品としては、歴史のあるBlackBerryAppleiPhoneSonyXPERIAなどが有名だと思う。

■特徴1:動画でも高速に表示できる処理能力
普通の携帯電話では3G(7.2Mbps)のみだが、スマートフォンは3Gと屋内などでは無線LAN(54Mbps)を切り替えながら使っているので、大容量の高速通信ができる。

■特徴2:汎用OS
これまでの携帯電話では、各メーカが独自のソフト(OS)で動いていた。
パソコンのWindowsLinuxのように、スマートフォンには各社共通の汎用OSが入っているのも特徴。
これが各社の開発費用を抑え、なおかつ多くの開発者が独自のアプリケーションを販売するチャンスを与えるという相乗効果があり、利用者にとって安価でいいソフトが利用できる。

ドコモの場合、iモードメールが利用できないのが最大のネックだと思う。
知人が「最悪」とドコモの担当者に切れていたのが印象的