応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

貸借対照表(B/S:バランスシート)

貸借対照表は左右で同じ合計になるから、バランスシートと言われる。
でも、なんとなく分かりにくいというか、心の底からスッキリ理解できない。
そう思って、自分で作り上げようと考えてみた。
 
流動資産流動負債

固定負債
固定資産
自己資本

流動資産:現金、売掛金、商品、在庫
固定資産:土地、建物、機械
流動負債:短期の借入金、買掛金
固定負債:長期の借金
自己資本:株式など
自己資本というのが曖昧でわかりにくいですよね。

では、あなたが会社を設立したと仮定して順にみていきましょう。

①手持ちの貯金100万円を資金に会社を設立することにしました。
すると、手元には現金100万円があり、これは自由に使うことができます。


流動資産(現金)100万自己資本100万

②パソコンソフト作成会社を作るので、パソコンを買いました。 
流動資産(現金)20万自己資本100万
固定資産(機械)80万


③ソフトが完成し、購入したCD-ROM(1万円)に格納して100セット販売できるようにしました。 

流動資産(現金)19万自己資本100万
流動資産(商品 100)1万

固定資産(機械)80万

自己資本比率が100%だから良いとか健全という短絡的な考えは捨てましょう。
私も以前は間違えていました。自己資本が100万円あるから、現金が100万円あると私は勘違いしていたのですが、そうではないですね。現金はこの場合19万しかありません。
じゃあ、自己資本比率が高いとなぜいいのか?それは借金がないということです。
借金がないとなぜいいのか?借金がある=悪い、ではありません。借金はいずれ返す必要があり、その分の現金があれば全く問題がありません。この件は後半でも述べます。

④事務所を構えたいので、銀行からお金(3000万)を借りることにしました。 
流動資産(現金)3019万固定負債3000万
流動資産(商品 100)1万

固定資産(機械)80万自己資本100万
この段階では、借金があっても現金がそれ以上あるのでなんら問題はありません。

⑤思い切って小さい事務所を3000万円で買いました。


流動資産(現金)19万固定負債3000万
流動資産(商品 100)1万

固定資産(機械)80万

固定資産(建物)3000万自己資本100万
こうなるとやばいですね。自己資本比率が5%程度で、返せる見込みがありません。自己資本比率が低くて返す見込みがない(現金が少ない)のであれば、企業としては健全ではありません。

⑥ソフトが売れそうになりました。外部の協力会社に200万で手伝ってもらいました。(支払は掛け)
それによって在庫の商品のが良いものになりました。 


流動資産(現金)19万流動負債(買掛金)200万
流動資産(商品 100)201万固定負債3000万円
固定資産(機械)80万

固定資産(建物)3000万自己資本100万
この段階では、現金は減りません。実際に買掛金を支払ったら現金と買掛金がなくなります。

⑦1年間で商品100個がすべて売れ、501万円で売れました。商品の原価は201万円だったので、300万円が利益になるので、そのまま利益準備金として自己資本に入れました。 

流動資産(現金)520万流動負債(買掛金)200万
固定資産(機械)80万固定負債3000万円
固定資産(建物)3000万自己資本400万

⑧(実際にはこんな簡単に上場はできませんが)株式公開することにしました。
1株5万円で1000株発行しました。無事に売れました。現金がたくさん入ってきました。
流動資産(現金)5520万流動負債(買掛金)200万
固定資産(機械)80万固定負債3000万円
固定資産(建物)3000万自己資本5400万
自己資本比率がぐっとさがり、ちょっと健全になりましたね。
株で得た資金は借金と違って返す必要がないので、有効な資金調達手段です。