応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

アライドの基礎設定


■ログイン
login:manager
password:friend
※ログオフはlogoff

■Config関連
・保存
create config=ファイル名.cfg ※saveではなくcreateというところに違和感があるが、これでよい。
上書き保存の場合も面倒であるが、ファイル名を指定する。
・現在のメモリ上のConfigを表示
sh config dynamic
・現在保存されているConfigファイルを表示する
 sh file
・configファイルの設定情報を表示
 sh config
これにより、Boot時と現在ののconfigファイルが分かる。
というのも、アライドではConfigファイルを複数持つことができる。
どのファイルを使っているかを確認するのに必要なコマンド
・configファイルの指定
 set config
起動時にどのConfigファイルを読み込むかを指定する。

set configが正しくセットされていると、sh configに表示される。
再起動すると、setされたConfigが読み込まれる
■ホスト名の設定
SET SYSTEM NAME="ARrouter1"

■IFの設定
Manager> set switch port=1 speed=100mfull

■VLANの設定
create vlan="VLAN10" vid=10 ←VLAN10の作成
add vlan=VLAN10 port=1-4 ←ポートにVLANを割り当て
※タグ付けの場合はadd vlan=VLAN10 port=1-4 frame=tagged

■L3として利用
add ip interface=VLAN10 ipaddress 192.168.1.1 mask=255.255.255.0←IPアドレスの設定
enable ip ←ciscoでいうip routing

■その他
・再起動 restart reboot
・パスワード変更 set password
・設定の削除は delete

■設定を消す
設定を消すのは、基本はdeleteであるが、癖がある。
設定の該当部分を丸ごと消すにはdestroyを使う。
例えば、destroy vrrp