応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

Linuxの覚書

◆文字列を探す。
192.168.1.10という文字列を/etcディレクトリの中から探す場合。

grep "192.168.1.10" /etc/*

※大文字と小文字を区別する場合は-iオプション
※サブディレクトリ以下も探す場合は -rオプション(recersive再帰的?)

◆フリーのLinux
CentOS

php インストール
 
1.yumを使ってapacheのモジュールを追加する
# yum install php-mbstring
2.Apacheを再起動する
# /etc/init.d/httpd restart
3.PHPの設定ファイル /etc/php.iniを設定する。(デフォルトでもよい)
4.phpファイルを/var/www/html/aaa.php配置する。
5.http://192.168.1.100/aaa.phpにて見ることができる。

◆コピー
cp -pでアクセス権などを保持したままコピーする。pはpermanentだと思う。このオプションをつけないと、もともとのアクセス権とコピー先のアクセス権の積が新しいアクセス権である。
cp -r (recursive) ディレクトリごとコピーする。ちなみにmvには-rオプションは存在しない。
 (例) cp -r dirA dirB dirAをdirBという名でコピー

◆移動
mvを使う
ディレクトリでも使える。cpと違って-rオプションは不要
-f 移動先にファイルがあっても上書きする場合は-fオプションをつける。
-i 上書きする場合に警告を出す。


◆削除
rm -f 強制削除 (消しますか?と聞かれない)
rm -rf とすると、フォルダ配下のファイルごと消す

LinuxでもRDPを使う。
Linuxの場合は、rdesktop(http://www.rdesktop.org/)というプログラムを使えば、制限はあるものの、Windows XP Professionalのリモートデスクトップ機能にアクセスできる。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/431usexprd.html

◆ファイル比較
diff /etc/a.txt  /etc/b.txt とすることで、a.txtとb.txtの2つのファイルを比較することができる。

◆locate
ファイルの場所を検索できる。(結構使える)

◆ファイル(ディレクトリ)の検索
例えば、カレントディレクトリから pgsqlというファイルやディレクトリを探す。
find -name pgsql
※全ファイルを検索したいのであれば、cdでルート(/)に移動する必要がある。
※ファイル名には*も使える

■言語の状態を確認する
/etc/sysconfig/i18n

LANG= で設定されている言語がわかる

ズや利用率などがわかる。kはキロバイト表示の意味。dfはファイルシステム単位での表示で、duはファイルやディレクトリ単位での表示。
du -s sはsummuryで、合計値を出す。ユーザのホームディレクトリの使用量合計を見る場合などに便利である。
df -hとすると、単位が見やすくなる。
hはhumanのhだと思う。人間が見やすい状態になる。
たとえば 40313964→40G

■ルーティング
netstat -r ルーティングに関する情報を表示
・スタティックルートの追加
route add -net 10.1.1.0 netmask 255.255.255.0 gw 192.168.1.254 (eth0)
※最後のインターフェース(eth0など)は省略可能。


netstatコマンド
-r ルーティングテーブルの表示
-a すべての接続を表示
-l Listeningの接続を表示
-s Summery(統計)が表示される。ICMPなどのプロトコルごとに集約される。

◆基礎情報
init=initialize(初期化)
rc.dなどのように、dがついているものは、ディレクトリであることを明示的に示している。

rc=run command

inittab=(initialize table)
/etc/inittabにおいて、デフォルトのランレベルを設定する。

◆起動スクリプトと実行ファイル
(1)起動スクリプト
/etc/rc.d/init.d/sshd
たとえば,start コマンドがわたされた場合にはどうるするか
が記載されている

(2)実行ファイル
/usr/sbin/sshd
バイナリファイルとして存在する.

コマンドライン
| パイプ コマンドを続けて実行
> リダイレクト 結果をファイルへ出力
; コマンドを続けて実行
& バックグラウンドで実行
&& コマンドの結果がYesなら次のコマンドを実行 逆が ||

LinuxにおけるPrintScreen

X window dumpという。コマンドは、頭文字をとってxwd

 xwd -frame out ファイル名 
 
frameオプションは、フレームも含めてキャプチャする。


■crontab
0,7は日曜日 1が月

-e 編集(edit)
-r remove
-l list

tcpdump
tcpdump src host 192.168.1.10 and port 80
送信元が192.168.1.10の80ポートへの通信をキャプチャする。

◆画面切り替え
Ctrl + Alt + F1~F7によって、コンソール画面を切り替えることが可能になる。これによりXwindowのようなマルチウィンドウ操作が可能である。

■ブラウザの起動
firefox & でブラウザを起動
&をつけておくと、ターミナルで操作を続けることができる