応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

マウント(mount)

◆1.概要
・リムーバルメディア(FD、CD)を利用するための操作。
・マウントはrootユーザーのみの権限
UNIXLinuxの種類によりパスは異なるが、次のように実行する
 mount /mnt/cdrom
・逆の操作はアンマウント(umount)

◆2.Floppyのマウント
コマンドからを実行する必要がある。外付けUSBドライブを接続しただけでは表示されない可能性が高い。
mount /mnt/floppy


◆3.USBメモリのマウント
①マウントポイントを作成する。
(例)mkdir /mnt/usb

②作成したマウントポイントにデバイスをマウントする。
mount -t vfat /dev/sda1 マウントポイント
※オプションの-tはファイルシステムのタイプを意味する
※vfatはFATの意味
※sda1はスペシャルデバイスのことで、sda1が使われていたら、sdb1、sdc1とつながっていく。

◆4.CDのマウント
カレントディレクトリをcdromにしてからマウントすると中身が見れない可能性がある。マウントしてから、cdromのディレクトリに移動すべき


◆5.マウントされたかの確認
dfコマンドで確認


◆6.自動認識
/etc/fstab に記述しておくことで,自動認識が可能になる.
/dev/sda1 /mnt/usb auto noauto,user,iocharset=utf9 0 0
※ちょっと怪しいので注意
mount -a により、ここで記載されたデバイスがすべてマウントされる。

◆7.アンマウント
umount マウントしていたCD-ROMドライブやFDドライブを取り外す操作
(例) umount /mnt/cdrom
※注意 カレントディレクトリがcdromだと「device is busy」になるので、必ずcdrom以外に移動してから行う。
※うまくいかない場合、一度画面をexitし、違う画面を立ち上げるとうまくいくときがある。

◆8.ディスクを取り出す
eject /mnt/cdrom