応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

samba

sambaの設定
1.インストール
samba-swat
samba
samba-client
samba-common

2.swatの準備
1) /etc/xinetd.d/swat を書き変え
 disable =no
 only_from=127.0,0,1 192.168.1.10 ←swatを利用するマシンを追加
2) xinetdの再起動

3.SWATの設定
1)ブラウザでSambaサーバにアクセスhttp://192.168.1.20:901/
※FW設定などはlokkit(?)ではずす

2) IDパスワードを入力 ※rootでもはいれる
3) GLOBALS workgroupをWindowsのワークグループと同じに
4) SHARES COMMENTにて新しい名前、PATHにて共有するディレクトリを指定、ReadOnlyなど
の設定を適宜行う
5) VIEWで設定を確認する。SWATでやれば文法間違いが無いから安心
6) STATUSにてsmbdとnmbdを起動
7) ユーザの設定 PASSWORDページにて、ローカルマシン側の各項目に一般ユーザの
アカウントを設定する。※Linuxサーバに事前登録したもの。[Add New User]ボタンを押す

4.LinuxサーバとPCを再起動
Linuxのsmbdとnmbdの再起動でも利用できたかも
LinuxのユーザとSambaのユーザ関係は独立しているかもしれない。

swatを使わないなら以下が参考になるかも
http://www.psg.jp/samba_server.html