応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

8.2 要件定義

1.システム開発の流れ

ざっくり解説すると、要件定義⇒設計⇒プログラミング⇒テストの流れでシステム開発が行われます。過去問(H22秋IP問48)を見てみましょう。 問48 システム開発プロセスを要件定義,外部設計,内部設計,プログラミングに分け,テストの種類を運用テスト,結合テスト…

1.2 非機能要件

性能や操作性、保守性、セキュリティ要件など、機能として具体的に設計書に表れにくいものが非機能要件です。過去問(平成23年秋AP午前)では、非機能要件項目として「システム基盤に関わる可用性,性能,拡張性,運用性,保守性,移行性,セキュリテイ,システム環…

要件定義

要件定義に関しては、①要求分析をした後、②要件定義に入ります。①要求分析ユーザニーズの調査をするなどして、要求を分析します。②要件定義システム化する要件を定義します。このとき、機能要件だけではなく、非機能要件も確認し、可能な限り定義しておくと…

H28秋AP午前問47

問47 オブジェクト指向言語のクラスに関する記述のうち,適切なものはどれか。ア インスタンス変数には共有データが保存されているので,クラス全体で使用できる。イ オブジェクトに共通する性質を定義したものがクラスであり,クラスを集めたものがクラス…

状態遷移図

過去問(H21春PM午前2問13)では、「システムの分析・設計に用いられる状態遷移図の特徴」として、「システムの現在の状態と発生する事象及び次の状態の関係が簡潔に記述可能」とあります。H28春FE午後問8に、単純な状態遷移図があるので見てください。 〔プ…

DFD(Data Flow Diagram)

DFDは、業務プロセスをデータの流れに着目して表現する場合に使用します。以下のDFDを見て下さい。顧客から注文が入った場合に、顧客情報や商品価格情報などをデータベースから取得し、出荷指示や売上げ報告をすることを図式化しています。DFDに関する過去問…

DFDの過去問

■応用情報のシラバスより4)DFD業務プロセスをデータの流れに着目して表現する場合に,DFD を使用することを理解する。■H28秋ST午前2問1 エンタープライズアーキテクチヤ(EA)のビジネスアーキテクチヤで機能情報関連図(DFD)を作成する目的はどれか。ア 業…