応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

5.3 トランザクション処理

トランザクション処理

排他制御複数の人がデータベースを使うと、整合性が保てない場合があります。そこで、排他制御が用意されています。この機能により、データの一貫性が保たれます。トランザクション管理 トランザクションとはデータベースの処理における、一連の動作のことで…

H28秋AP午前問30

問30 DBMSをシステム障害発生後に再立上げするとき,ロールフォワードすべきトランザクションとロールバックすべきトランザクションの組合せとして,適切なものはどれか。ここで,トランザクションの中で実行される処理内容は次のとおりとする。 トランザ…

ロック(共有ロックと専有ロック)

ACID特性の一貫性や独立性を保つための機能に、排他制御があります。皆さんが日頃、表計算ソフトなどによってファイルを操作するとき、誰かが開いていると、読み取り専用でしか開けないと思います。これは、複数の人で同じデータを更新すると、不整合が起き…

デッドロック

2人が紙工作をしていて仕上げるには、糊(のり)とハサミの2つが必要としましょう。A君が糊(のり)を専有していて、B君がハサミを専有している場合、どちらも工作を仕上げることができません。同じことがトランザクションにも言えます。2つのトランザクシ…

平成29年春期 午前 問29

問29 トランザクションAとBが,共通の資源であるテーブルaとbを表に示すように更新するとき,デッドロックとなるのはどの時点か。ここで,表中の①~⑧は処理の実行順序を示す。また,ロックはテーブルの更新直前にテーブル単位で行い,アンロックはトランザ…

データベースの障害回復機能

データベースサーバの電源故障などにより、データベースに障害が発生することがあります。データベースには、障害が発生した場合、特にメモリ上のデータは消えてしまうことがあります。そんな場合でも、データを障害発生の直前に戻す機能が備わっています。…