応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

11.6 労働関連・取引関連法規

労働関連・取引関連法規の過去問

■H29秋問78 企業が請負で受託して開発したか,又は派遣契約によって派遣された社員が開発したプログラムの著作権の帰属に関し契約に定めがないとき,著作権の原始的な帰属はどのようになるか。ア 請負の場合は発注先に帰属し,派遣の場合は派遣先に帰属する…

1.労働関連・取引関連法規

1.労働基準法http://sm.seeeko.com/archives/65870845.html2.労働者派遣法http://sm.seeeko.com/archives/65870844.htmlリンク先では細かなところまで記載をしていますが、基本的なところを押さえておけばいいでしょう。所詮はマークシートです。応用情…

平成29年春期 午前 問80

問80 発注者と受注者の間でソフトウェア開発における請負契約を締結した。ただし,発注者の事業所で作業を実施することになっている。この場合,指揮命令権と雇用契約に関して,適切なものはどれか。ア 指揮命令権は発注者にあり,さらに,発注者の事業所…

労働関連・取引関連法規

労働関連・取引関連法規に関して、応用情報技術者試験のシラバスでは、以下のキーワードがあります。 (1)労働関連の法規① 労働基準法労働条件の最低基準を定めた労働基準法に関し,就業規則,賃金,労働時間,労働災害,解雇・退職・定年制などを理解する…

請負契約,派遣契約,準委任契約

1.請負契約,準委任契約,派遣契約それぞれの契約に関して、過去問(H25年秋AP午前問80)をもとに整理します。 請負契約準委任契約派遣契約概要「プログラムの制作など,仕様書などに従って定められた仕事の完成を約束する契約である。仕事の進め方は受託側…

労働基準法

1.労働基準法とは労働基準法に関して過去問(H26年春IP問11)では、「従業員の賃金や就業時間,休暇などに関する最低基準を定めた法律」と述べられています。2.サブロク(36)協定労働基準法の第36条に記載されている、労働時間に関する大事な協定です…

労働者派遣法

1.労働者派遣法とは労働者派遣法の目的は、この法律の「第一条」から抜粋すると、「労働力の需給の適正な調整を図るため労働者派遣事業の適正な運営の確保に関する措置を講ずるとともに、派遣労働者の保護等を図り、もつて派遣労働者の雇用の安定その他福…

ソフトウェア使用許諾契約

1.ソフトウェア使用許諾契約ソフトウェア使用許諾契約とは、ソフトウェアの使用に関して、ソフトウェアを開発した会社と使用する側での契約です。過去問(H27秋SM午後1)では、「ソフトウェアを使用するには,使用数に応じた基本ライセンスが必要であり,…

ソフトウェア開発契約

ソフトウェア開発に関しては、発注側と受託側にて、両者の認識の違いからトラブルや紛争になることがよくあります。(IT系のお仕事をされている皆さんは、よくご存じでしょう。)そういう背景もあって、経済産業省は、情報システム取引の可視化や信頼性の向…

コピーレフト

コピーレフト(copy left)に関して過去問(H26秋FE午前問20)では、「オープンソースライセンスにおいて,“著作権を保持したまま,プログラムの複製や改変,再配布を制限せず,そのプログラムから派生した二次著作物(派生物)には,オリジナルと同じ配布条…

契約

請負契約、派遣契約、委任契約がある。 委任契約に関して、弁護士が行うような法律行為以外は、準委任契約と呼ばれ、情報処理試験でも「準委任契約」として書かれている。