応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。少しずつ追記していきます

資格は力 -情報処理技術者試験・IT資格試験 連勝の勉強法

資格は力 -情報処理技術者試験・IT資格試験 連勝の勉強法
左門 至峰
2018-10-16
この本は、ネットワークスペシャリストや安全確保支援士などの情報処理技術者試験を軸にしながらも、ベンダ試験やその他ベンダニュートラルな試験も含めて、IT資格の勉強法の全般について書かせてもらいました。
これまでネスペシリーズなどで、IT資格の勉強法などについても少しずつ書いてきましたが、私の資格取得に対するノウハウを1冊にまとめた本になります。

冒頭には、ハッカージャパンでも連載経験があるモリ淳史さんのマンガがあります。これは、私の若いころの失敗談および、資格を目指した経緯などを私のプロフィール代わりとして紹介したものです。

情報処理技術者試験などのIT資格取得を目指す方の指針として、またモチベーションアップのためにも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

出版社さんのサイトに、サンプルページや詳しい目次などが記載されています。
https://gihyo.jp/book/2018/978-4-297-10176-3

応用情報技術者試験の基礎知識を中心に整理しています

このサイトですが、まだ書き始めたばかりで、情報がとても少ないです。
ちなみに、サイトが充実してきたら、右にあるカテゴリから内容を確認ください。

さてさて・・・・

応用情報技術者試験を勉強する成子 

この試験(応用情報技術者試験)に受かるには、どんな勉強をすればいいのでしょうか?
応用情報技術者試験に限らず、情報技術者試験おn基本的な勉強方法は、参考書による基礎知識の学習と、過去問をひたすら解きまくる(※ポイント!)ことです。
過去問を解くことで、合格に必要なものが見えてきます。
ある程度の知識がある人以外は、いきなり過去問の勉強をするのは非効率です。特に午後問題は何が問われているかもよくわからないこともあるでしょう。まずは、軽くでいいので参考書にて学習することをお勧めします。
応用情報技術者試験を勉強する成子 

この試験の合格のコツはありますか?
合格のコツとまで言えるかは微妙ですが、やり方次第で、合格にも不合格にもなります。また、同じ合格するにしても、最短ルートの人もいれば、遠回りする(=時間がかかる)人もいるでしょう。
たとえば、午前問題で言うと、シラバスによるこの試験の試験範囲はとても広く、問われるキーワードも多いのですが、実際に出題される問題には傾向があります。つまり、よく出る問題だけ勉強すればいいのです。
応用情報技術者試験を勉強する成子 

頻出じゃない問題は勉強しなくていいのですか?
合格ラインは6割です(たったの)。満点で合格しようが、60点ギリギリだろうが、合格は合格です。
また、皆さんはお忙しいと思いますし、全部の範囲を勉強するなんて不可能です。
効率的に学習して、楽々合格を目指しましょう!

論文試験ほど 「おいしい」資格はない★3/16現在、半額の650円

ネットワークスペシャリスト試験対策セミナーをさせていただいた。

その参加者40人の中で、「論文試験を受けたことがありますか?」とご質問したところ、なんと一人もいらっしゃいませんでした。(遠慮されて手を挙げられなかった可能性もありますが、いても数人だったと感じます)

ちょっとびっくりしました。

理由を尋ねると、やはり、「論文は難しそう」という回答でした。

しかし、ネットワークスペシャリスト試験に合格された方で、論文試験も合格されている方に、「どちらが取りやすかったですか?」と聞くと、けっこうな人が「論文試験」と言われます。(ただし、監査とITストラテジストは別格なので除く)
※まあ、ネットワークスペシャリストが難しすぎるんですけどね(苦笑)

ここで何を伝えしたいかというと、論文試験とネットワークスペシャリスト試験とで、どちらが簡単かを結論づけたいのではありません。
まずは、論文試験の受験を、一度検討していただきたいことです。
知って見ないと、論文試験が本当に難しいかは分からないと思います。

事実として言えることは、午後Ⅱの問題文はわずか1ページです。
ネットワークスペシャリストなら10ページくらいもありますよね。
私は過去問解説をしている立場で慣れているはずなんですが、それでも毎回、午後Ⅱの問題を見ると嫌になります。

タイトルに「おいしい」と記載しましたが、何がおいしいかというと、知名度が高いのです。

私はプロジェクトマネージャに1回で受かりましたが、ネットワークスペシャリストより勉強時間ははるかに少なかったです。(プロジェクトマネージャの経験なんて、ほとんど無かった頃に受かっています)
ネットワークスペシャリストも高い評価を得られますが、プロジェクトマネージャはもっと高い評価をしてもらえます。なにせ、入札参加資格などで、プロジェクトマネージャであることなどが条件となっている場合、有資格者に参加してもらうしかないからです。会社によっては、数十万円の報奨金を出すところもあります。それだけ、価値があるということです。

技術系のSEは、皆さん国語が苦手、論文なんて「見たくもないし、書きたくもない」とお思いでしょう。
しかし、皆さんが日頃書かれている提案書、設計書、報告書、メールの文章力で、十分に合格できます。
情報処理技術者試験において、高い国語力や文章力は求められないのです。

手前味噌ですし、なんか本の宣伝になってしまって恐縮ですが、是非、いかに論文試験が取り組みやすいかを知っていただければと思います。(以下、私の本にそのあたりがぎっしり書いてあります…)

私の場合、論文試験に合格したことで、今までより充実したお仕事がでたと感じております。


紙の書籍もありますが、こちらの方が安くておすすめです。(※本の値段は変動するようです。参考までに、定価は1300円です。)
また、Kindleunlimitedになっているので、(私は使っていないので仕組みがよく分かりませんが、)会員の方は、是非。