応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。
カテゴリ:

4.ソフトウェア > 4.9 その他

共通に使用される擬似言語の記述形式

 擬似言語を使用した問題では,各問題文中に注記がない限り,次の記述形式が適用されているものとする。

〔宣言,注釈及び処理〕
2009h21a_fe_pm_qs_1



〔演算子と優先順位〕
2009h21a_fe_pm_qs_2
注 整数同士の除算では,整数の商を結果として返す。%演算子は,剰余算を表す。

〔論理型の定数〕
true, false


問17 サーバアプリケーションの開発のための,オブジェクト指向技術に基づいたコンポーネントソフトウェアの仕様はどれか。

ア EAI (Enterprise Application Integration)
イ EJB (Enterprise JavaBeans)
ウ ERP (Enterprise Resource Planning)
エ UML (Unified Modeling Language)
正解は、イです。

ソフトウェア(特にオープンソース)は、結構ややこしい。現段階での考えをメモする。
 
(1)フリーソフト
著作権は放棄していないが、無料で使える。厳密には、フリーソフトウェアとフリーウェアは別物らしいが、後者は無視してよいだろう。

(2)シェアウェア
開発費をシェア(share:共有)するソフトという意味であり有償である。普通のソフトとどう違う?とツッコミを入れたくなる。

(3)PDS(パブリックドメインソフトウェア)
H21ST午前25には、「著作権を放棄する、又は、放棄の宣言をする」ことが条件と述べられている。
日本にPDSはないという考えもあるようだ。「フリーソフトとどう違う?」「著作権があろうが、なかろうが、利用者にとっては同じ」と思う人もいるだろう。ポイントとなるのは、著作権が放棄されているので、第三者がPDSを改変して、自分のソフトとして販売できるところである。フリーソフトではこれができない。

(4)OSS(オープンソースソフトウェア)
別記事に書く

H19SM午前30
ソフトウェアの保守費用の推移のグラフを問う問題です。毎回考えてもいいのですが、覚えてしまうのが良いでしょう。
ソフトウェアの稼働開始時に保守費用が増加する理由は、修正保守のためです。修正保守とは、テストでは見つけきれなかったバグが、ソフトを使用するに従って発見され、それを修正するための保守です。
使用期間が長期にわたることによって保守費が増加する理由は、適合保守のためです。適合保守とは、クライアントOSの変化や事業環境の変化、連携システムの変化などに適合するための保守です。

覚えるときに、関連するほかのグラフも覚えましょう。
例えば、故障のバスタブ曲線。初期故障期、偶発故障期、磨耗故障期の3段階があります。
H20SM 問14に出題があります。

このページのトップヘ