カテゴリ:8.システム開発 > 8.9 その他

Q1.テストデータの作成方法のうち、「プログラムの流れ図から、分岐条件に基づいたテストデータを作成する(H21NW午前Ⅱ問24不正解選択肢)」のは何テストか。

A1.ホワイトボックステスト


Q2.テストデータの作成方法のうち、「「機能仕様から同値クラスや限界値を識別し、テストデータを作成する(H21NW午前Ⅱ問24不正解選択肢)」のは何テストか。


A2.ブラックボックステスト

Q3.「取得者(発注者)と供給者(受注者)の二者間取引を明確化するためのものであり,業務分析,業務設計,ソフトウェアを中心としたシステムの企画,要件定義,開発,運用,保守及びそれらにかかわる諸活動を対象としており,国際規格に適合しているもの(H21NW午前1問17)」


A3.共通フレーム(またはSCLP)


Q4.「品質マネジメントシステムに関する国際規格」は?(H20NW午前問18より)


A4. ISO9000シリーズ

Q5.「システムの調達に際して,調達側から技術的要件やサービスレベル要件を提示し,ベンダに対して,指定した期限内で効果的な実現策の提案を依頼する文書(H21NW午前1問25不正解選択肢より)」

A.RFP

Q6.「ユーザ要件を実現するために,現在の状況において利用可能な技術・製品,ベンダにおける導入実績など実現手段に関する情報提供をベンダに依頼する文書(H21NW午前1問25より)」

A.RFI

Q7.「プログラム実行中の特定の時点で成立する変数間の関係や条件を記述した論理式を埋め込んで,そのプログラムの正当性を検証する手法(H22NW午前1問15より)」は何か?

アサーションチェック

Q8.「ソフトウェアの違法複製を防止するため,法人,団体などを対象として,ソフトウェアを使用するに当たって実行されるべき事項をとりまとめたもの」は何か(H22NW午前1問22不正解選択肢より)

ソフトウェア管理ガイドライン

Webサービスといえば、SOAPWSDL、UDDIである。
外部連携にはXMLを利用し、通信プロトコルSOAPを利用する
Webを利用したサービスということで、難しい言葉では無い。

UDDIに関しては、情報処理技術者試験の過去問にて何度か問われている。
UDDIを以下のように説明している。
Webサービスに関する情報を広く公開し、それらが提供する機能などを検索可能にするための仕組み(情報処理技術者試験H20SW問79より引用)」
「Web サービスなどの情報についてレジストリの仕様であり、利用者が必要とするサービスの一覧を提供している(情報処理技術者試験H16SW午前 問48より)」

しかし、現実的にはそれほど利用されておらず、NTTコムもサービスを停止した。

WSDLは、英語の訳のとおり、HTMLやXMLWebサービス版と思えば良いだろう。


システムの性能評価指標として、次の2つを理解しましょう。

1.スループット

単位時間あたりの処理量のことです。過去問(H24年春AP午前問18)では、「単位時間当たりのジョブの処理件数のことであり,スプーリングはスループットの向上に役立つ」と述べられています。

違う過去問(H26年春FE午前)を解きましょう。
問14 スループットに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア ジョプの終了と次のジョブの開始との間にオペレータが介入することによってシステムに遊休時間が生じても,スループットには影響を及ぼさない。
イ スループットはCPU性能の指標であり,入出力の速度,オーバヘッド時間などによって影響を受けない。
ウ 多重プログラミングはターンアラウンドタイムの短縮に貢献するが,スループットの向上には役立たない。
エ プリンタへの出力を一時的に磁気ディスク装置に保存するスプーリングは,スループットの向上に役立つ。
アですが、システムに遊休時間があるということは、単位時間あたりの処理量は下がってしまいます。
イですが、CPU性能だけではありません。入出力の速度,オーバヘッド時間なども含めた、システム全体の処理性能です。
ウですが、多重プログラミングにより、複数の処理が並列で実行されます。結果として、単位時間あたりの処理量が増えます。
エが正解です。プリンタの処理は非常に遅いのですが、それをスプーリングすることで、CPU処理を他の処理にまわすことができます。結果として、システムとしての処理量を増やすことができます。

2.レスポンスタイム(応答時間)とターンアラウンドタイム

(1)レスポンスタイム
Webのシステムをイメージすると分かりやすいと思います。「実行」ボタンを押してから、結果が返ってくるまでにどれくらの時間がかかるかが、レスポンスタイム(応答時間)です。過去問(H17春AD午前問7不正解選択肢)では、「入力装置からの入力が完了してから,出力装置への出力が開始されるまでの時間」とあります。

(2)ターンアラウンドタイム
一方、ターンアラウンドタイムという言葉もあります。過去問(H17春AD午前問7)では、「ターンアラウンドタイムの説明として」「ジョブをコンピュータシステムに投入してから,それに対する結果全体が得られるまでの時間」とあります。また、「「ターンアラウンドタイムは,端末がデータを回線に送信し始めてから応答データを受信し終わるまでの時間(H27秋AP午前問31の問題文中より)」ともあります。 
つまり、(1)と(2)の違いは、応答の開始(レスポンスタイム)なのか、全ての結果が返ってくるまでの時間(ターンアラウンドタイム)なのかです。。

3.おまけ

さて、最近の応答時間はとても高速化されています。Googleの検索でも、入力にしたがって検索結果が変化しています。なんて高速な処理なんだと驚かされます。
また、「東証は売買注文を受信してから応答を返すまでの処理を2ミリ秒以下でこなせる株式売買システム「arrowhead」の開発に130億円を投じている(日経コンピュータ2011年12月18日号P10より引用)」と述べられています。すごい世界ですね。

↑このページのトップヘ