カテゴリ:13.実際にやってみる > 13.7 仮想環境

virtualboxにて・・・

・仮想ではないローカルの環境に戻る
 右側のctrl

・ネットワークの設定
「デバイス」「ネットワーク」「ネットワーク設定」から、アダプタの割り当てを「ブリッジアダプター」にしておくといいだろう。物理PCと同じセグメントのIPアドレスが割り当てられ、同一LANとして通信ができる。
「NAT」にすると、違うIPアドレスが割り当てられる。

■VirtualBoxでエラーが出た
VirtualBoxをインストールするときに、ちょっとよく覚えていないが64bit版をインストールでエラーが出た。
そこで、BIOSの設定を変えた。(このあたりはうろ覚え)
Security>Virtualization>Inter VirtualizationをEnableにした。
本件と一緒かはわからないが、以下のサイトに画面入りで丁寧に解説されている。
https://qiita.com/yamasaki1ma/items/141f12d52ef38f3f3f85

①VMware Playerのダウンロード
http://www.vmware.com/download/player/
※ユーザ登録が必要
②Browser Applianceのダウンロード と展開
③VMwareのインストール
④VMwareの起動
⑤ファイルを指定して、Browser Applianceを開く
root権限が必要な場合は sudo -s
password:vmware

◆別のOSをCDからインストールする場合には、以下の設定になっているかを確認
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"

■VMware Playerでのネットワークの設定
実PCのIPアドレスが192.168.0.1 で、仮想OS(ゲストOS)のIPアドレスを192.168.0.2などとして、それぞれが独立したコンピュータとして動作させたいことが多いと思う。
その場合、VMの「仮想マシンの設定」で「ネットワークアダプタ」を「ブリッジ」にする。
DHCPサーバで自動取得でも動作するので、実PCとゲストOSで、それぞれ違うIPが割り振られるだろう。
ネットワーク上のPCからそれぞれにアクセスすることも可能。
また、無線ネットワークでもできるよ。

■Linuxのインストールに関して
----VMwarePlayer
VMwarePlayerにLinux(CentOS7)をインストールする
・VMwarePlayerを開く(今回はVMware Workstation 15 Player)
・「新規仮想マシンの作成」
・新規仮想マシン作成ウィザード画面になる
 「インストーラディスクイメージファイル」を選択し、CentOS7が入っているISOイメージを指定すると、簡易インストールができるかもしれない。
 簡易インストールが嫌だったので、「後でOSをインストール」を選択して進めた。
・ゲストOSに「Linux」、バージョンを「CentOS7 64ビット」を選択
・仮想マシンの名前と、場所を決める。私はDドライブに入れることにした。
・ディスク容量の指定は、デフォルトにした。20Gで、複数のファイルに分割、である
・ハードウェアのカスタマイズで、私は以下を変更
 ・メモリを4Gに
 ・新規CD/DVDに、「ISOイメージファイルを使用する」として、CentOS7が入ったISOイメージを指定
 ・ネットワークアダプタを「ブリッジ」に
設定は以上である。「完了」を押するとホームに戻る。
「仮想マシンの再生」を押してインストールの開始
・インストール画面が起動する
 「CentOS7」を選択して「Enter」
・ソフトウェアの選択
 「GNOME Desktop」でGUI画面にする。選択したら左上の「完了」を押す。
・設定が終わったら、「インストールの開始」
・rootのパスワードを設定しましょう。PWが短すぎたりする場合には、完了を2回押す必要があります。
インストールが完了して初期設定
・タイムゾーンは「tokyo」と入力しよう
※VMwaretoolsは入っている気がする。

■インストール後
(1)NWの設定
ネットワークアダプタは「ブリッジ」で「物理ネットワーク接続の状態を複製」にチェックを入れない。
→ifconfigでIPが取得できるかを確認。
うまくいかない場合、アダプタを切断して再度接続したり、
systemctl で再起動したり、
nmtuiでアクティベートしたりすると、有効になるかもしれない。

(2)その後の初期設定
①初期設定としてupdateしておこう
# yum update
・追加のパッケージでEPELも入れておくといいかも
# yum install epel-release
http://sm.seeeko.com/archives/15877470.html
②検証であれば、SElinuxは無効にしておいたら?
http://sm.seeeko.com/archives/15877462.html
③ついでにFWも無効に

↑このページのトップヘ