■書き方の基本
IPAの資料に例があります。
https://www.ipa.go.jp/files/000024729.pdf

<html>
<head〉
//文字化けしたのでmetaの記述は省略
<title>サンプルページ</title>
</head>
<body>
 <p id="p1">このページはサンプルです。</p>
<script type="text/javascript">
  setTimeout(function(){
  var p1_textnode = document.getElementById('p1').firstChild;
  p1_textnode.data = 'このページはサンプルでした。';
  },5000 );
</script>
</body>
</html>

JavaScriptですが、昔と違って今は<body>の下の方に書きます。上記でも</body>の直前に書いています。
サンプルを例に解説
・<script>~</script>で囲う
・末尾は;をつける
その他
・//はコメント

■その他補足
➀変数の定義
var a = 1

②関数の定義
function()

③getElementById
上記のIPAの資料において以下の部分
document.getElementById('p1')
このドキュメントのid=p1のデータを取得する