カテゴリ:8.システム開発 > 8.7 システムテスト

平成29年春期 午前 問18 
問18 ホワイトボックステストにおいて,プログラムの実行された部分の割合を測定するのに使うものはどれか。

ア アサーションチェツカ          イ シミュレータ
ウ 静的コード解析ツール         エ テストカバレージ分析ツール
正解は、エです。

テストの進捗管理と終了条件に利用される。
「信頼度成長曲線が収束していること」など。
縦軸:累積バグ数
横軸:消化テスト数
ある一点(変曲点)を持つS字カーブになる。ゴンペルツ曲線とも言われる。

応用情報技術者試験を勉強する成子
古くには試験で問われたことがありますが、最近は出題されていないので、無視してもいいかもしれませんね。
過去問(H20秋AD午前)
問36 テスト時間と検出したエラー累積数の関係を示すグラフは,信頼度成長曲線で近似できることが多い。この信頼度成長曲線とは,どのようなグラフか。
信頼度成長曲線

正解はイ

↑このページのトップヘ