カテゴリ:11.企業と法務 > 11.3 会計・財務

過去問(H22春AP午後問1)には、具体的な財務諸表である貸借対照表と損益計算書があります。
実際に見てみましょう。

損益計算書
損益計算書は、「ー会計期間における経営成績を表示したもの(H21春IP問16より)」です。
zaimu2
売上高から売上原価を引いたものが売上総利益です。
そこから、販売費および一般管理費を引くと営業利益です。
さらに、営業外収益、営業外費用をプラスマイナスしたものは、経常利益です。営業外費用の代表は支払い利息です。その他、株の売却によるプラスマイナスなど、本来の営業活動以外による収益・費用です。

この中で、特に営業利益がどうやって求められるかを理解しましょう。比較として、売上総利益や経常利益をみておくといいですが、こちらはあまり試験で問われません。

貸借対照表
貸借対照表は、「企業の一定時点における財務状態を表示したもの(H21春IP問16より)」です。
こちらはAPの試験ではそれほど重要ではありません。
zaimu3

過去問(H22春AP午前問78)を見てみましょう。
問78 期末の決算において,表の損益計算資料が得られた。当期の営業利益は何百万円か。
180405_H22春AP問78
ア 270  イ 300 ウ 310  エ 500





売上高から売上原価を引いたものが売上総利益です。
そこから、販売費および一般管理費を引くと営業利益です。
よって、1500-1000-200=300
参考ですが、営業外収益、営業外費用をプラスマイナスしたものは、経常利益です。

【正解】イ

固定費と変動費
変動費は、言葉の通り、売上に連動して変動する費用です。例えば、夜店でジュースを販売する場合、ジュースの仕入原価が変動費です。ジュースが売れれば売れるほど、原価も上昇します。
 一方、固定費も、言葉の通りで、売上が変動しても固定的にかかる費用です。さきほどのジュースの販売でいうと、人件費や場所代が該当します。こちらは、ジュースが売れても売れなくても、固定的に支払う必要があります。

損益分岐点
損益分岐点は重要です。
過去問(H22春IP)を見てみましょう。
問6 企業の売上高,固定費及び変動費が分かっているとき,損益分岐点比率,損益分岐点売上高及び変動費率は,それぞれ次の式で求めることができる。これらの式から言える適切な記述はどれか。
 損益分岐点比率=損益分岐点売上高÷売上高
 損益分岐点売上高=固定費÷(1一変動費率)
 変動費率=変動費÷売上高
ア 売上に占める固定費が大きいほど,損益分岐点比率は低くなり,利益は増加する。
損益分岐点比率が高いほど,売上に対する利益は多くなる。
損益分岐点比率が低いほど,売上に対する利益は多くなる。
変動費率が高くなれば,損益分岐点比率は低くなり,利益も低下する。
ア:固定費が大きいほど、損益分岐点は高くなります。
イ:損益分岐点比率が高いほど,売上に対する利益は小さくなります。
ウ:正解選択肢です。
エ:変動費率が高くなれば,損益分岐点比率は高くなります。

ここにありますように、損益分岐点売上高は、以下の式で求められます。
 損益分岐点売上高=固定費÷(1一変動費率)
 変動費率=変動費÷売上高

では、過去問(H21春AP午前)を基に、損益分岐点売上高を計算してみましょう。
問77 表は,ある企業の損益計算書である。損益分岐点は何百万円か。
h21

ア 250  イ 490  ウ 500  エ 625
先ほどの式に当てはめます。固定費は200+300=500。売上高700のときの変動費は100+40=140です。
変動費率は、140÷700=0.2。損益分岐点売上高は、500÷(1-0.2)=625です。
よって正解はエです。図に表すと以下になります。
損益分岐点

損益分岐点は、固定費や変動費率の変化によって、どうなるでしょうか。たとえば、固定費の変化で考えます。以下の図のように、固定費が下がると、損益分岐点は下がり、固定費が上がると、損益分岐点も上がります。
a

図は割愛しますが、変動費率も同じです。変動費率が下がると、損益分岐点は下がり、変動費率が上がると、損益分岐点も上がります。

■H29秋
問77 今年度の事業損益実績は表のとおりである。来年度の営業利益目標を240百万円としたとき,来年度の目標売上高は何百万円か。ここで,来年度の変動費率は今年度と同じであり,製造固定費と販売固定費は今年度に比べそれぞれ80百万円,  20百万円の増加を見込む。
11-3_H29a_問77
ア 1,750     イ 1,780     ウ 1,800     エ 2,050
【正解】エ

■H28秋
問76 今年度のA社の販売実績と費用(固定費,変動費)を表に示す。来年度,固定費が5%増加し,販売単価が5%低下すると予測されるとき,今年度と同じ営業利益を確保するためには,最低何台を販売する必要があるか。
11-3_H28a_問76
ア 2,575     イ 2,750     ウ 2,778     エ 2,862
【正解】エ

問77 表の条件でA~Eの商品を販売したときの機会損失は何千円か。
11-3_H28a_問77
ア 800     イ 1,500     ウ 1,600     エ 2,400
【正解】エ

■H27秋
問76 表から,卸売業A社と小売業B社の財務指標を比較したとき,卸売業A社について適切な記述はどれか。
11-3_H27a_問76
ア 売上高,総資産の額がともに低く,総資産回転率も低い。
イ 売上高営業利益率が高く,総資産営業利益率も高い。
ウ 営業利益,総資産の額がともに低く,総資産営業利益率も低い。
エ 総資産回転率が高く,総資産営業利益率も高い。
【正解】エ

問77 表のような製品A,  Bを製造,販売する場合,考えられる営業利益は最大で何円になるか。ここで,機械の年間使用可能時間は延べ15,000時間とし,年間の固定費は製品A,  Bに関係なく15,000,000円とする。
11-3_H27a_問77
ア 3,750,000   イ 7,500,000   ウ 16,250,000   エ 18,750,000
【正解】イ

■H27春
問77 今年度のA社の販売実績と費用(固定費,変動費)を表に示す。来年度,固定費が
  5%上昇し,販売単価が5%低下すると予測されるとき,今年度と同じ営業利益を確保
  するためには,最低何台を販売する必要があるか。
11-3_H27h_問77
ア 2,575     イ 2,750     ウ 2,778     エ 2,862
【正解】エ

問78 取得原価30万円のPCを2年間使用した後,廃棄処分し,廃棄費用2万円を現金で支払った。このときの固定資産の除却損は廃棄費用も含めて何万円か。ここで,耐用年数は4年,減価償却は定額法,定額法の償却率は0.250,残存価額は0円とする。
ア 9.5     イ 13.0     ウ 15.0     エ 17.0
【正解】エ
 減価償却費は、定額法なので、毎年一定です。償却率は0.250なので、30万円×0.250=7.5万円が毎年の減価償却費です。2年間使用したので、2年後の残存価値は 30万円-7.5万円-7.5万円=15万円です。まだ15万円の価値があるのに廃棄しているので、15万円の損失です。さらに、廃棄費用が2万円追加で発生しているので、合計17万円が、除却することによる損失です。 

■H26秋
問77 最大利益が見込める新製品の設定価格はどれか。ここで,いずれの場合にも,次の
  費用が発生するものとする。
    固定費:1,000,000円
    変動費:600円/個
11-3_H26a_問77
ア 1,000     イ 1,200     ウ 1,400     エ 1,600
【正解】エ

損益分岐点に関する過去問をいくつか

平成29年春期 午前 問77
問77 損益分岐点の特性を説明したものはどれか。

ア 固定費が変わらないとき,変動費率が低くなると損益分岐点は高くなる。
イ 固定費が変わらないとき,変動費率の変化と損益分岐点の変化は正比例する。
ウ 損益分岐点での売上高は,固定費と変動費の和に等しい。
エ 変動費率が変わらないとき,固定費が小さくなると損益分岐点は高くなる。
【正解】ウ
ア:変動費率が低くなると、損益分岐点は低くなります。
イ:変動費率と損益分岐点の変化は関連がありますが、正比例ではありません。
ウ:正解選択肢です。
エ:固定費が小さくなると、損益分岐点比率は低くなります。

過去問(H28春AP午前)
問77 損益計算資料から求められる損益分岐点売上高は,何百万円か。
29
ア 225 イ 300 ウ 450  エ 480
固定費は、100+80=180。売上高500のときの変動費は200+100=300。変動費率は300÷500=0.6
損益分岐点売上高は180÷(1-0.6)=450
【正解】ウ

↑このページのトップヘ