問51 あるプロジェクトのステークホルダとして,プロジェクトスポンサ,プロジェクトマネージヤ,プロジェクトマネジメントオフィス及びプロジェクトマネジメントチームが存在する。ISO 21500 によれば,組織としての標準化,プロジェクトマネジメントの教育訓練,プロジェクトの監視などの役割を主として担うのはどれか。
ア プロジェクトスポンサ
イ プロジェクトマネーシャ
ツ プロジェクトマネジメントオフイスエ プロジェクトマネジメントチーム

問52 組織が遂行する業務を定常業務とプロジェクトとに類別したとき,定常業務の特性はどれか。
ア ある業務のために編成された期間限定のチームで遂行する。
イ 成果物を反復的に生産して提供する活動を継続的に遂行する。ウ 独自のプロダクトやサービスを創造する。
エ 目的を達成するために開始し,目的を達成したときに終了する。

問53 プロジェクトのスケジュールを短縮したい。当初の計画は図1のとおりである。作業Eを作業El,  E2,E3に分けて,図2のように計画を変更すると,スケジュールは全体で何日短縮できるか。
図1
図2
ア 1
凡例
作業名
○濤O…………>:ダミー作業
イ 2
ウ 3
24 -
工 4

問54 システム開発における工数の見積りに関する記述のうち,適切なものはどれか。ア COCOMOの使用には,自社における生産性に関する,蓄積されたデータが必要である。
イ 開発要員の技量は異なるので工数は参考にならないが,過去に開発したプログラムの規模は見積りの参考になる。
ウ 工数の見積りは,作業の進捗管理に有効であるが,ソフトウェアの品質管理には関係しない。
エ ファンクションポイント法による見積りでは,プログラムステップ数を把握する必要がある。


スポンサードリンク