応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。

整列アルゴリズムとは、昇順または降順に並び替えることです。
たとえば、以下が昇順に整列させたようすです。
45836 →34568

整列アルゴリズムには、いくつかの方法があります。
試験ではそれほど問われません。

〜択ソート
過去問(H17秋SW午前問12)では、「未整列の並びに対して,最小のキー値をもつ要素と先頭の要素とを入れ換える。同様の操作を,未整列の並びの長さを一つずつ減らしながら繰り返す。」と述べられています。

▲丱屮襯宗璽
過去問(H20春SW午前問11不正解選択肢)では、「隣り合う要素を比較して,大小の順が逆であれば,それらの要素を入れ替えるという操作を繰り返す。」と述べられています。

簡単な例を述べます。小さい数字が上に来るように並べ替えます。一番下の2とその上の1を比べます。次に、1と4を比べます。1の方が小さいので入れ替えます。次に、1と3を比べ、小さい1を上にします。こうやって、一番上にはもっとも小さい数字が来ます。これを繰り返します。
aa
マージソート
過去問(H26秋AP午後問3)では、マージソートに関して、「マージソートは,整列(ソート)したいデータ(要素)列を,細かく分割した後に,併合(マージ)を繰り返して全体を整列する方法である」と述べています。
過去問は、以下に掲載しています。
http://sm.seeeko.com/archives/65912768.html

ち淨ソート 
過去問(H17秋SW午前問12)では、「未整列要素の並びの先頭の要素を取り出し,その要素を整列済みの要素の申の正しい位置に挿入する。」と述べられています。

ゥ轡Д襯宗璽
過去問(H20春SW午前問11不正解選択肢)では、「ある一定間隔おきに取り出した要素から成る部分列をそれぞれ整列し,更に間隔を詰めて同様の操作を行い,間隔が1になるまでこれを繰り返す。」と述べられています。

Εイックソート
過去問(H20春SW午前問11不正解選択肢)では、「中間的な基準値を決めて,それよりも大きな値を集めた区分と小さな値を集めた区分に要素を振り分ける。次に,それぞれの区分の中で同様な処理を繰り返す。」と述べられています。

Д辧璽廛宗璽
過去問(H20春SW午前問11)では、「ヒープソートでは,未整列の部分を順序木に構成し,そこから最大値又は最小値を取り出して既整列の部分に移す。この操作を繰り返して,未整列部分を縮めていく。」

 過去問(H20春SW午前)をみてみましょう。
問11 データの整列方法に関する記述のうち,適切なものはどれか。
ア クイックソートでは,ある一定間隔おきに取り出した要素から成る部分列をそれぞれ整列し,更に間隔を詰めて同様の操作を行い,間隔が1になるまでこれを繰り返す。
イ シェルソートでは,隣り合う要素を比較して,大小の順が逆であれば,それらの要素を入れ替えるという操作を繰り返す。
ウ バブルソートでは,中間的な基準値を決めて,それよりも大きな値を集めた区分と小さな値を集めた区分に要素を振り分ける。次に,それぞれの区分の中で同様な処理を繰り返す。
エ ヒープソートでは,未整列の部分を順序木に構成し,そこから最大値又は最小値を取り出して既整列の部分に移す。この操作を繰り返して,未整列部分を縮めていく。
正解は、エです。
アはシェルソート
イはバブルソート
ウはクイックソート

スポンサードリンク

コメント
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ