人間を介さず、機械同士で処理すること。改めてM2Mという言葉でいうほどのものでもないが、ごく当たり前のことである。例えば、自動販売機は、売り上げ情報や欠品情報を自動でセンターに送る。
 単に個別のM2Mではなく、多くの分野での統合されたM2Mネットワークを作ることが検討されているのではないか。