1.プロジェクト統合マネジメントの目的
プロジェクトマネジメント活動の各エリアを統合的に管理,調整すること
IPA応用情報技術者試験シラバス より引用
http://www.jitec.jp/1_13download/syllabus_ap.pdf

・プロジェクト憲章の作成
過去問(H25春PM午前2問4)では、「プロジェクトの立上げプロセスで作成する“プロジェクト憲章”」に関して、「プロジェクトを認知,承認するために,その要求事項,目的や妥当性,全体スケジュール,任命されたプロジェクトマネージヤと権限レベルなどを記した文書」と述べられています。
また、過去問では「PMBOKのプロジェクト憲章は、何のために発行するのか(H22PM午前2問1)」の解として「プロジェクトを公式に認可させる」と述べている。プロジェクト憲章にてプロジェクトの目的やプロジェクトマネージャなどを明確にした上で、プロジェクトを公式に認可する。

・プロジェクトマネジメント計画書の作成

・RAM
プロジェクトの体制と役割を管理するツールとして、RAM(Responsibility Assignment Matrix:責任分担マトリックス)がある。

■H28秋AP午前
問51 PMBOKの統合変更管理プロセス において,プロジェクトのプロダクト,サー ビス,所産,構成要素などに対する変更と 実施状況を記録・報告したり,要求事項 への適合性を検証する活動を支援したり する活動はどれか。
ア アーンド・バリュー・マネジメント
イ コンフイギュレーション・マネジメント
ウ コンフ リクト・マネジメント
エ ポートフォリオマネジメント
【正解】イ

■H26春AP午前
問51 PMBOKのプロジェクト統合マネジメントにおいて,プロジェクトスコープの拡張や縮小を行うのに必要なものはどれか。
ア 欠陥修正     イ 是正処置     ウ 変更要求     エ 予防処置
【正解】ウ