(1)情報システム利用実態の評価・検証
システムは導入して終わりではなく、システムを活用するための活動をするべきです。また、システムの評価も大事です。たとえば、システムが本当に利用されているかというシステム利用実態の調査であったり、情報システムの投資対効果の分析です。
必要に応じて、情報システムの改修を行う必要があります。

(2)情報システム廃棄
システムライフサイクルについて簡単に理解しましょう。
また、最後はデータの消去を確実に行いましょう。

システムのライフサイクルに関しては、以下の過去問(H23春FE午前)で、流れを確認しましょう。
問58 “システム管理基準"にいうシステムライフサイクルはどれか。
ア 企画,開発,運用,保守
イ 計画,実行,点検,改善
ウ 構築,運用,評価,監査
工 設計,開発,製造,試験
正解は、アです。システム管理基準(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/press/0005668/0/041008system.pdf)では、以下の章立てとなっております。
Ⅰ.情報戦略
Ⅱ.企画業務
Ⅲ.開発業務
Ⅳ.運用業務
Ⅴ.保守業務
Ⅵ.共通業務
ⅠとⅥは、システムのライフサイクルというより、全体的な戦略になります。システムライフサイクルに関しては選択肢 アが正解です。