1 経営・組織論
以下の用語を確認しましょう。フルスペルを知っておくと、理解が早いと思います。
①CEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者

②CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)
 「CIOの果たすべき役割」として、過去問では「全社的観点から情報化戦略を立案し,経営戦略との整合性の確認や評価を行う(H28秋FE午前問75)」とあります。また別の過去問では、CIOに関して、「経営戦略に基づいた情報システム戦略の策定とその実現に直接の責任をもつ役職(H22秋IP問17)」とあります。

③CISO(Chief Information Security Officer:最高情報セキュリティ責任者)

また、聞きなれない言葉ですが、この試験のシラバスにはCPO(Chief Privacy Officer)の用語が例として挙げられています。個人情報に関する責任者と考えてください。

2 OR・IE
①品質管理手法
品質管理手法として、QC 七つ道具を覚えておきましょう。
http://sm.seeeko.com/archives/65793474.html

②業務分析・業務計画
業務分析をするに際し、データや課題を抽出必要があります。そのときの技法として、以下を覚えておきましょう。
データマイニングブレーンストーミングデルファイ法,デシジョンツリー
http://sm.seeeko.com/archives/65793759.html
http://sm.seeeko.com/archives/65793785.html

3 会計・財務
情報セキュリティマネジメント試験のシラバスでは、「会計・財務」の分野にて、以下のキーワードがあります。ここでの解説はしませんが、怪しい点に関しては、理解を深めておくといいでしょう。
(1) 企業活動と会計
固定費,変動費,原価,利益,粗利益,営業利益,変動費率,損益分岐点減価償却,リース,レンタル
(2)財務諸表
貸借対照表キャッシュフロー計算書,資産(純資産,流動資産,固定資産,繰延資産,有形資産,無形資産),負債(流動負債,固定負債),流動比率