情報システム戦略に関して、応用情報技術者試験シラバスでは次の記載があります。
(1)情報システム戦略
① 情報システム戦略の目的と考え方
経営戦略に沿って効果的な情報システム戦略を策定すること,情報システム戦略に基づいて全体システム化計画や情報化投資計画を策定することなどを理解する。

用語例 情報システム戦略評価,CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)

② 情報システム戦略の策定手順
情報システム戦略を策定する際の手順を理解する。
[手順の例]
(ⅰ)経営戦略の確認,(ⅱ)業務環境の調査,分析,(ⅲ)業務,情報システム,情報技術の調査,分析,(ⅳ)基本戦略の策定,(ⅴ)業務の新イメージ作成,(ⅵ)情報システムの対象の選定と投資目標の策定,(ⅶ)情報システム戦略案の策定,(ⅷ)情報システム戦略の承認

③ 情報システム戦略の策定の留意事項
情報システム戦略を策定する際の留意事項を理解する。
用語例 経営課題解決,事業展開,競争優位,情報システム構築,業務革新,情報技術の動向,情報基盤整備,情報システム化範囲,経営資源配分,業務プロセス標準化,業務モデル,ビジネスモデル,新技術導入,情報化投資環境,投資効果,情報資産管理,BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画),コンプライアンス,IT 経営力指標

④組織形態
情報システムの企画,開発,運用,保守などを行う組織の形態として,職能別組織,事業部制組織,マトリックス組織,プロジェクト組織などがあることを理解する。

用語例 情報システム化委員会,情報化推進体制

⑤ 全体システム化計画
(a)全体最適化方針
全体最適化方針は,組織全体として業務とシステムが進むべき方向を示す方針であることを理解する。また,全体最適化方針で明確化する内容と留意事項を理解する。

用語例 全体最適化目標,IT ガバナンスの方針,経営戦略との整合性,情報システムのあるべき姿(To-be モデル),組織や業務の変更方針,情報セキュリティ方針

(b)全体最適化計画
全体最適化計画は,全体最適化方針に基づき,事業者の各部署において個別に作られたルールや情報システムを統合化し,効率性や有効性を向上させるための計画であることを理解する。また,全体最適化計画で明確化する内容と留意事項を理解する。

用語例 業務固有のルール・規制・関連法規など,社内外利害関係者との調整と合意,システム構築・運用のための標準化方針及び品質方針,外部資源の活用,システム管理基準

⑥ 情報化投資計画
情報化投資計画は,経営戦略との整合性を考慮して策定すること,計画の決定に際してその影響,効果,期間,実現性などの観点から複数の選択肢を検討する必要があることなどを理解する。

用語例 情報化投資方針,IT 投資マネジメント,確保すべき経営資源,投資効果やリスク算定の方法

⑦ システム化計画
全体システム化計画に従って,個別システム化計画を立案すること,企業の戦略性を向上させるためのシステムとして,企業全体又は事業活動の統合管理を実現するシステム,企業間の一体運営に資するシステムがあることを理解する。

用語例 基幹系システム,ERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画),SCM,CRM ( Customer Relationship Management : 顧客関係管理), SFA , KMS(Knowledge Management System:知識管理システム),シェアドサービス

⑧ モデル
企業経営システムのモデルを理解する。

用語例 ビジネスモデル,業務モデル,情報システムモデル