(1)インストールなど
①Kali linux ダウンロード
https://www.kali.org/downloads/

②VMへインストール
・VM workstation plyaerをダウンロード
・あとでOSをインストールする
インストールする際、Linuxでバージョンは「Debian」系である。version は不明
・HD 30G、メモリ1Gで設定
・VMwareツールをインストール
★CTL+ALTで仮想と実環境の切り替え
デフォルトのパスワードはtoor

・KaliにVMwaretoolを入れたい場合、openvmtoolsを入れるという方法もある。
apt-get update
apt-get install open-vm-tools-desktop

③起動後
イメージを更新するには
apt-get update
apt-get dist-upgrade

(2)初期設定
①キーボード
キーボードが違う気がする。viエディタなどでも、配列が違うと不便。
Setting> Region & Language から設定する。 Settingが表示されていない場合もあり、これは右上だったりする。
http://gate.hatenablog.jp/entry/2018/02/06/kali-keyboard
キーボードは日本語109 (OADG 109A) にしよう

②SSH接続
デフォルトだと、SSHサービスが起動していない場合がある。
systemctl start ssh
こうすれば、外部からSSH接続できるはずだ。(実際にできた)

(3)AWSのKali Linuxの場合
AWSでKaliLinuxを使う。
amazonマーケットプレースで選ぶことができる。無料枠の対象もあり、価格はかなり安い。
VNCを接続するために、TCP5901を空ける
VNCのソフトはすでに入っているので、起動する。
https://dev.classmethod.jp/articles/kali-linux-vnc/
vncpasswd
パスワードは8文字がリミットのようだ。
また、このとき、view-only はNoにした。
vncserver :1
クライアントPCからはViewerをインストールして接続する。(英語版しかないのかな)
https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/windows/
インスタンスのIP:5901でアクセスできる。
画面が小さいし、反応が遅い、キーボードが英語なので、少しやっかい。
→UltraVNCの方がいいかも
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ultravnc/download_11198.html
※インストールするときは、Viewerだけでいいのではないかと思っている。