RFPRFIについて解説します。

1.RFP

(1)RFPとは
RFP(Request For Proposal)とは言葉の通り、提案(Proposal)を依頼(Request)する「提案依頼書」のことです。過去問では、「システムの調達に際して,調達側から技術的要件やサービスレベル要件を提示し,ベンダに対して,指定した期限内で効果的な実現策の提案を依頼する文書(H21NW午前1問25不正解選択肢より)」とあります。また、RFPを作成する目的として、過去問(平成27年春IP)では、「ベンダに提案書の提示を求め,発注先を適切に選定する」とあります。

(2)調達の流れなど
過去問を確認ください。

2.RFPの過去問

(1)RFP
過去問(平成21年春IP)を一つ解いてみましょう。
問3 システム開発に関するRFP (Request For Proposal)の提示元及び提示先として,適切なものはどれか。
ア 情報システム部門からCIOに提示する。
イ 情報システム部門からベンダに提示する。
ウ 情報システム部門から利用部門に提示する。
エ ベンダからCIOに提示する。
正解はイです。言葉の定義を知っていれば、簡単でしたね。

もう一つ過去問(平成22春AP午前)を解いてみましょう。
問65 ベンダに対する提案依頼書(RFP)の提示に当たって留意すべきことはどれか。
ア 工程ごとの各種作業の完了時期は,ベンダに一任するよう提示する。
イ 情報提供依頼書(RFI)を提示したすべてのベンダに提示する。
ウ プログラム仕様書を提案依頼書に添付して,ベンダに提示する。
エ 要件定義を機能要件,非機能要件にまとめて,ベンダに提示する。
正解はエです。

(2)調達の流れ
過去問(平成22年春FE午前)を解いてみましょう。
問67 “提案評価方法の決定"に始まる調達プロセスを,調達先の選定,調達の実施,提案依頼書(RFP)の発行,提案評価に分類して順番に並べたとき、cに入るものはどれか。

提案評価方法の決定 → a → b → c → d

ア 調達先の選定
イ 調達の実施
ウ 提案依頼書(RFP)の発行
エ 提案評価
正解は、提案依頼書(RFP)の発行 → 提案評価 → 調達先の選定 → 調達の実施 です。
ですから、正解はアです。

(3)調達の評価
こちらも過去問(H22年秋IP)を見ましょう。
問4 複数のシステム開発ベンダからRFPに基づいた提案を受けた。開発ベンダの選定方法として,最も適切なものはどれか。
ア あらかじめ設定しておいた評価基準を用いて,提案内容を比較して選定する。
イ 開発費用を抑えるために,提案内容によらず開発費用が最も安いベンダを選定する。
ウ それぞれのベンダの強みと弱みを,SWOT分析を用いて評価して選定する。
ファンクションポイント法を用いて,提案システムの機能の充実度を測定して選定する。
正解は、アです。
あらかじめ設定した評価基準を用います。

3.RFI

(1)RFI
利用シーンは少なくなありますが、RFI(Request For Information:情報提供依頼書)という言葉もあります。RFPとの違いを理解しましょう。
RFIは、「IT技術動向,ソフトウェアパッケージ情報,開発方法論などの情報提供をベンダに要請するもの(平成26年秋ST)」です。
 

4.RFIの過去問

過去問(平成26年秋ST)を見ましょう。
問5 IT技術動向,ソフトウェアパッケージ情報,開発方法論などの情報提供をベンダに要請するものはどれか。
ア IFB   イ RFI   ウ RFP  エ RFQ
アのIFB(Invitation For Bids)は、「入札募集」という意味です。官公庁の入札のおいてベンダに入札を依頼する入札公告と考えてください。
エのRFQ(Request For Quotation)は、ベンダに見積もり(Quotation)を依頼(Request)する「見積依頼書」です。
正解はイのRFIです。

H27秋AP
問65 情報システムの調達の際に作成されるRFIの説明はどれか。ア 調達者から供給者候補に対して,システム化の目的や業務内容などを示し,情報の提供を依頼すること
イ 調達者から供給者候補に対して,対象システムや調達条件などを示し,提案書の提出を依頼すること
ウ 調達者から供給者に対して,契約内容で取り決めた内容に関して,変更を要請すること
エ 調達者から供給者に対して,双方の役割分担などを確認し,契約の締結を要請すること

アがRFI、イがRFPです。
正解:ア