企業の業務とシステムとは、必ずしもうまく連携して機能しているとは言えません。多くの企業では、業務の変更に合わせてシステムをその場しのぎで追加・改修してきたからです。
 エンタープライズアーキテクチャは、そんな整合性が取れていない業務と情報システムのあるべき姿(理想の姿)を示し、全体最適化するための技法です。
aa
過去問では、エンタープライズアーキテクチャ(Enterprise Architecture) のことを「組織全体の業務とシステムを統一的な手法でモデル化し、業務とシステムを同時に改善することを目的とした、業務とシステムの最適化手法である」(H22ST午前1問23)と述べられている。
 EAでは、各業務と情報システムを,ビジネス,データ,アプリケーション,テクノロジの四つの体系で整理し、システム全体の現状と理想像を表現します。以下は、4つのアーキテクチャと、それらを策定する際の成果物を整理したものです。
H21秋-応用情報-問61、62を参考に整理すると、以下になります。
項目アーキテクチャ説明成果物

上位

ビジネスアーキテクチャ

ビジネス戦略に必要な業務プロセスや情報の流れを体系的に示したもの

業務流れ図


データアーキテクチャ

業務に必要なデータの内容、データ間の関連や構造などを体系的に示したもの

実体関連ダイアグラム


アプリケーションアーキテクチャ

業務プロセスを支援するシステムの機能や構成などを体系的示したもの

情報システム関連図

下位

テクノロアーキテクチャ

情報システムの構築・運用に必要な技術的構成要素を体系的に示したもの

ソフトウェア構成図


また、応用情報技術者試験シラバスでは、エンタープライズアーキテクチャに関して次のように述べられています。
(2)エンタープライズアーキテクチャ
エンタープライズアーキテクチャの目的と考え方
EA(Enterprise Architecture:エンタープライズアーキテクチャ)は,組織全体の業務とシステムを統一的な手法でモデル化し,業務とシステムを同時に改善することを目的とした,組織の設計・管理手法であること,全体最適化を図るためのアーキテクチャモデルを作成し,目標を明確に定めることが必要であることを理解する。
アーキテクチャモデルは,業務とシステムの構成要素を記述したモデルのことで,組織全体として業務プロセス,業務に利用する情報,情報システムの構成,利用する情報技術などの領域(ビジネス,データ,アプリケーション,テクノロジ)のアーキテクチャを整理し,システム全体の現状と理想像を表現することを理解する。

用語例 ザックマンフレームワーク,業務・システム最適化,As-is モデル,To-be モデル,参照モデル,EAI(Enterprise Application Integration)

② ビジネスアーキテクチャ
BA(Business Architecture:ビジネスアーキテクチャ)は,組織の目標や業務を体系化したアーキテクチャであることを理解する。

用語例 業務説明書,DMM(Diamond Mandala Matrix:機能構成図),DFD,WFA(Work Flow Architecture:業務流れ図),UML

③ データアーキテクチャ
DA(Data Architecture:データアーキテクチャ)は,組織の目標や業務に必要となる
データの構成,データ間の関連を体系化したアーキテクチャであることを理解する。

用語例 データ定義表,情報体系整理図(UML のクラス図),E-R 図

④ アプリケーションアーキテクチャ
AA(Application Architecture:アプリケーションアーキテクチャ)は,組織としての目標を実現するための業務と,それを実現するアプリケーションの関係を体系化したアーキテクチャであることを理解する。

用語例 情報システム関連図,情報システム機能構成図, SOA ( Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ

⑤ テクノロアーキテクチャ
TA(Technology Architecture:テクノロアーキテクチャ)は業務を実現するためのハードウェア,ソフトウェア,ネットワークなどの技術を体系化したアーキテクチャであることを理解する。

用語例 ハードウェア構成図,ソフトウェア構成図,ネットワーク構成図

過去問を見てみよう!
■H29秋AP午前
(H27秋AP午前 問61と同じ)
問61 エンタープライズアーキテクチャにおいて,業務と情報システムの理想を表すモデルはどれか。
ア EA参照モデル      イ To-Beモデル
ウ ザックマンモデル     エ データモデル
【正解】イ

■H27春AP午前
問62 エンタープライズアーキテクチャ(EA)を説明したものはどれか。
ア オブジェクト指向設計を支援する様々な手法を統一して標準化したものであり,クラス図などのモデル図によってシステムの分析や設計を行うための技法である。
イ 概念データモデルを,エンティティ,リレーションシップで表現することによって,データ構造やデータ項目間の関係を明らかにするための技法である。
ウ 各業務と情報システムを,ビジネス,データ,アプリケーション,テクノロジの四つの体系で分析し,全体最適化の観点から見直すための技法である。
エ 企業のビジネスプロセスを,データフロー,プロセス,ファイル,データ源泉/データ吸収の四つの基本要素で抽象化して表現するための技法である。
【正解】ウ