応用情報技術者試験 - SE娘の剣 -

応用情報処理技術者試験の対策サイトです。 応用情報処理技術者試験の午前問題を中心とした基礎用語の解説を中心に掲載します。書き始めたばかりなので、内容はまだまだ不十分です。

このサイトですが、まだ書き始めたばかりで、情報がとても少ないです。
ちなみに、サイトが充実してきたら、右にあるカテゴリから内容を確認ください。

さてさて・・・・

応用情報技術者試験を勉強する成子 

この試験(応用情報技術者試験)に受かるには、どんな勉強をすればいいのでしょうか?
応用情報技術者試験に限らず、情報技術者試験おn基本的な勉強方法は、参考書による基礎知識の学習と、過去問をひたすら解きまくる(※ポイント!)ことです。
過去問を解くことで、合格に必要なものが見えてきます。
ある程度の知識がある人以外は、いきなり過去問の勉強をするのは非効率です。特に午後問題は何が問われているかもよくわからないこともあるでしょう。まずは、軽くでいいので参考書にて学習することをお勧めします。
応用情報技術者試験を勉強する成子 

この試験の合格のコツはありますか?
合格のコツとまで言えるかは微妙ですが、やり方次第で、合格にも不合格にもなります。また、同じ合格するにしても、最短ルートの人もいれば、遠回りする(=時間がかかる)人もいるでしょう。
たとえば、午前問題で言うと、シラバスによるこの試験の試験範囲はとても広く、問われるキーワードも多いのですが、実際に出題される問題には傾向があります。つまり、よく出る問題だけ勉強すればいいのです。
応用情報技術者試験を勉強する成子 

頻出じゃない問題は勉強しなくていいのですか?
合格ラインは6割です(たったの)。満点で合格しようが、60点ギリギリだろうが、合格は合格です。
また、皆さんはお忙しいと思いますし、全部の範囲を勉強するなんて不可能です。
効率的に学習して、楽々合格を目指しましょう!

このページのトップヘ